ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-06-09. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

プロジェクトボードの自動化について

プロジェクトボードカードのステータスを関連するIssueやプルリクエストと同期させておくために、自動化されたワークフローを設定できます。

ここには以下の内容があります:

リポジトリのプロジェクトボードに自動化ワークフローをセットアップするには、リポジトリに書き込みアクセスを持っていなければなりません。 Organizationのオーナーとメンバーは、Organization全体にわたるプロジェクトボード上に自動化ワークフローを設定できます。 詳細は「Organization のプロジェクトボードの権限」を参照してください。

プロジェクトボードの列に対するトリガーとなるイベントに基づいて、アクションを自動化できます。 これによって、プロジェクトボードを管理するための手作業のタスクの一部を撤廃できます。 たとえば"To do"列を設定して、プロジェクトボードに追加された新しいIssueあるいはプルリクエストが自動的に設定された列に移動するようにできます。 詳しい情報についてはプロジェクトボードのための自動化の設定を参照してください。

プロジェクトボードテンプレートを使って、自動化が設定済みのプロジェクトボードを作成できます。 詳細は「プロジェクトボードについて」を参照してください。

プロジェクトボードの自動化は、特定のアクションに対する標準化されたワークフローを作成することによって、プロジェクトボードの目的とTeamの開発プロセスの共通理解を育むための役にも立ちます。

プロジェクトボードをクローズすると、プロジェクトボードに設定されているワークフロー自動化は一時停止されます。 プロジェクトボードを再びオープンする場合、自動化を同期するよう設定することができます。それにより、ボードに設定されている自動化設定に従ってボード上のカードのポジションが更新されます。 詳しい情報については、「クローズされたプロジェクトボードを再びオープンする」や「プロジェクトボードのクローズ」を参照してください。

自動化のオプション

プリセットの列設定オプション
To do
  • 新しく追加されたすべてのIssuleをここに移動させる
  • 新しく追加されたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • 再オープンされたすべてのIssueをここに移動させる
  • 再オープンされたすべてのプルリクエストをここに移動させる
In progress
  • 新たにオープンされたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • 再オープンされたすべてのIssueをここに移動させる
  • 再オープンされたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • ベースブランチが要求する最小のレビュー数を満たしたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • ベースブランチが要求する最小のレビュー数を満たさなくなったすべてのプルリクエストをここに移動させる
完了
  • クローズされたすべてのIssueをここに移動させる
  • マージされたすべてのプルリクエストをここに移動させる
  • マージされずにクローズされたすべてのプルリクエストをここに移動させる

プロジェクトの進捗の追跡

進捗は、プロジェクトボードで追跡できます。 [To do]、[In progress]、または [Done] 列のカードの数は、プロジェクトの進捗全体にカウントされます。 進捗の追跡が有効になっている場合、プロジェクトボードの上部、プロジェクトリストのページ、Issueのサイドバー、他のプロジェクトボードのプロジェクトへの参照に、プログレスバーが表示されます。

詳細については「プロジェクトボードで進捗を追跡する」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.