ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub Insightsで利用できるメトリクス

GitHub Insightsには、チームのソフトウェアデリバリのプロセスを可視化してくれる様々なメトリクスが含まれています。

GitHub InsightsはGitHub Oneで利用できます。 詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

GitHub Insights内のメトリクスについて

GitHub Insightsで利用できるデータは、主要なメトリクスとレポートに分割されています。

GitHub Insightsは、スピードと品質を共に高めるために直接働きかけることができるため、主要なメトリクスをハイライトします。 主要なメトリクスは、個人のコントリビュータやそのマネージャー、そしてより大きな状況を見ているエクゼクティブまで、Organization中の誰にとっても役立ちます。 それぞれの主要なメトリクスについて、目標を設定して計測できます。 詳しい情報については「目標の管理」を参照してください。

他のすべてのメトリクスはレポートに含まれています。レポートには、プルリクエストやコードといった同じトピックについての複数のメトリクスが含まれます。

GitHub Insightsへの管理権限を持っている人は、表示されるメトリクスを管理できます。 詳しい情報については「利用できるメトリクスとレポートの管理」を参照してください。

プルリクエストにおけるコラボレーションのための主要なメトリクス

プルリクエストにおけるコラボレーションのための主要なメトリクスは、チームがプロセスにおけるボトルネックを取り除き、コラボレーションを改善し、より素早く高品質でプロジェクトをデリバリすることを支援します。 これらのメトリクスを改善する事で、チームの生産性が高まります。

コードレビューの分布

チームあるいはOrganizationにわたるコードレビューの分布を計測します。 値が1に近ければ、分布が均等になっているということです。 以前にプルリクエストのオープン、レビュー、コミットをしたメンバーや、ブランチにコミットしたメンバーが含まれます。

この指数は、1からOrganizationあるいはチームのコードレビューのジニ係数を引いた値に等しくなります。 詳しい情報については、Wikipediaの ジニ係数を参照してください。

コードレビューのターンアラウンド

レビューの割り当てから完了までにかかった時間です。

チームにとっての阻害要因としてのコードレビューに対処するために、Organizationはレビューの割り当てプロセスを最適化し、ターンアラウンド時間の目標を設定できます。

オープンまでの時間

ユーザがブランチに初めてコミットしてから、そのブランチに対するプルリクエストをオープンするまでの時間です。

この期間を短縮すれば、コントリビューターはプロセス中でフィードバックを早く受け取れるようになり、コラボレーションやイテレーションの時間を増すことができます。

プルリクエストのサイズ

プルリクエストの総差分サイズ(追加、削除、変更された行数の合計)。

大きなプルリクエストは、プロダクションへのデプロイに際してのリスクが大きくなり、レビュー、マージ、リリースが難しくなります。 適切なサイズのプルリクエストをデプロイすることで、チームは新しい機能を高頻度で自信を持ってレビューし、出荷できます。

進行中の作業

指定されたチームもしくはOrganizationのオープンなプルリクエスト数で、開発者に対するオープンなプルリクエストの総数及び比率として表されます。

プルリクエストのバックログが大きくなっているということは、作業が最新の状態ではなくなっているかもしれず、チームの作業が無駄になっているかもしれないことを示します。 このメトリクスは、チームの誰もが阻害されたり過負荷になっていないようにしながら、チームが集中していられるよう支援します。

報告

メトリック説明
アクティビティアクティビティは以下のいずれかです。
  • ブランチへのコミット
  • プルリクエストのオープン
  • プルリクエストをクローズする
  • プルリクエストをマージする
  • プルリクエストへコメントする
  • プルリクエストの承認
アクティビティ、時間アクティビティのあった1時間は、少なくとも1人のコントリビューターがアクティビティを記録した1時間です。
チャーンコードチャーンコードは、追加あるいは最後の変更から3週間以内の変更されたコードです。 これには、作者あるいは他のコントリビューターによって上書きされたコードの行が含まれます。
追加及び変更されたコードの行新たに追加された行数に変更された行数を加えた合計。 チャーンコードを含めることも、除外することもできます。
所有権追加もしくは変更されたコードの各行に対する、最終のコントリビューターによって追加あるいは変更されたコードの行のパーセンテージの分析。
ペアリング他のコントリビューターのコードを変更あるいは削除したコントリビューター。
コードベースの変更のパーセンテージコードベース中のコードの総行数に対するパーセンテージで表した、コードベース内の追加あるいは変更されたコード行数。
新規及び変更コードのチャーンコードに対するパーセンテージチャーンコードを除いた、追加及び変更されたコードの行数の、チャーンコードを含む追加及び変更されたコードの総行数に対するパーセンテージ。
オープンなプルリクエスト選択された期間、あるいはチャートに表示された期間の終わりの時点でオープンになっているすべてのプルリクエスト数。
リテンション行が作成された週ごとにグループ化した、各週の後にコードベース中で保持されたコードの行数のパーセンテージ。
マージまでの時間ブランチへの最初のコミットと、そのブランチ上でのプルリクエストのマージアクションとの間の時間。 ブランチ上での最初のコミットのタイムスタンプが、プルリクエストのマージアクションのタイムスタンプから引かれます。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.