コンテナレジストリでの改善されたコンテナサポートの有効化

コンテナレジストリを使うには、ユーザもしくはOrganizationアカウントで有効化しなければなりません。

GitHub PackagesはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub AEで利用できます。


GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 また、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントは、リポジトリごとに課金されるため、コンテナレジストリにはアクセスできません。 詳しい情報については「[GitHubの製品](/articles/github-s-products)」を参照してください。

注釈: コンテナレジストリ は現在パブリックベータであり、変更されることがあります。 ベータ期間中は、ストレージおよび帯域幅の制限はありません。 詳しい情報については、「GitHub Packages の紹介」を参照してください。

Dockerレジストリとコンテナレジストリとの比較:

  • コンテナレジストリ(https://ghcr.io)は、コンテナに対して改善されたパフォーマンスを提供し、将来的にはDockerレジストリを置き換えます。
  • Dockerイメージとワークフローは、Dockerレジストリ(docker.pkg.github.com)からコンテナレジストリ(https://ghcr.io)へ、詳細な権限、コンテナストレージの最適化などのために移行できます。 詳しい情報については「Dockerレジストリからコンテナレジストリへの移行」を参照してください。

個人アカウントでのコンテナレジストリの有効化

個人ユーザアカウントでコンテナレジストリを有効化すると、自分のユーザアカウントが所有するコンテナレジストリにコンテナを公開できます。

Organization内でコンテナレジストリを使うには、Organizationのオーナーがこの機能をOrganizationのメンバーに対して有効化しなければなりません。

  1. 任意のページの右上隅で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Feature preview(機能プレビュー)] をクリックします。 [Feature preview] ボタン
  2. 左側にある [Improved container support] を選択し、[Enable] をクリックします。 改善されたコンテナサポート

Organizationアカウントでのコンテナレジストリの有効化

Organizationのオーナーもしくはメンバーがコンテナイメージをコンテナレジストリに公開できるようにするには、Organizationのオーナーがこの機能のプレビューをOrganizationに対して有効化しなければなりません。

  1. GitHubの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてYour organizations(あなたのOrganization)をクリックしてください。 プロフィールメニューのあなたのOrganization
  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  3. 左側にある [Packages] をクリックします。
  4. [Improved container support] の下で、[Enable improved container support] を選択し、[Save] をクリックします。 [Enable container registry support option] と [Save] ボタン
  5. "Container creation(コンテナ作成)"の下で、パブリック、プライベート、インターナルのコンテナイメージの作成を有効化するかを選択してください。
    • Organizationのメンバーがパブリックなコンテナイメージを作成できるようにするには、Public(パブリック)を選択してください。
    • Organizationのメンバーが、他のOrganizationのメンバーにだけ見えるプライベートのコンテナイメージを作成できるようにするには、Private(プライベート)を選択してください。 プライベートコンテナイメージの可視性については、さらに細かくカスタマイズできます。 詳しい情報については「パッケージのアクセス制御と可視性」を参照してください。
    • GitHub Enterprise Cloudのみ: Organizationメンバーが、他のOrganizationのメンバーにだけ見えるインターナルコンテナイメージを作成できるようにするには、Internal(インターナル)を選択してください。 Organizationのメンバーが公開するコンテナイメージの可視性オプション

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡