👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

パッケージを公開する

GitHub Packagesにパッケージを公開し、そのパッケージを他者がダウンロードして再利用できるようにすることができます。

GitHub PackagesはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

リポジトリの書き込み権限を持つ人は、そのリポジトリにパッケージを公開できます。

公開されたパッケージについて

パッケージページ上のインストール及び利用方法の説明といった、説明やその他の詳細を提供することによって、パッケージを理解して利用しやすくできます。 GitHubは各バージョンについて、公開日、ダウンロードのアクティビティ、最近のバージョンなどのメタデータを提供します。 パッケージページの例としては、@Codertocat/hello-world-npmを参照してください。

パッケージをパブリックリポジトリに公開(パブリックパッケージ)して、GitHubの全員と共有したり、プライベートリポジトリに公開(プライベートパッケージ)してコラボレータやOrganizationと共有したりできます。 リポジトリには複数のパッケージを含めることができます。 混乱を避けるため、READMEと説明で各パッケージに関する情報を明確に提供してください。

混乱とビルドの問題を回避するために、GitHubは恒久的にパッケージ名とバージョン番号を予約します。 パッケージ全体が削除された倍でも、削除されたパッケージの名前は、同じアカウントが所有するいかなるリポジトリ内でも再利用できません。

パッケージのバージョンを改訂もしくは置き換えるには、パッケージの新バージョンを公開することをおすすめします。

パッケージを公開する

以下の同じ一般的ガイドラインに従うことで、サポートされているパッケージクライアントを使ってGitHub Packagesにパッケージを公開できます。

  1. 実行したいタスクに対して適切なスコープを持つ既存のアクセストークンを作成もしくは利用してください。 詳しい情報については「GitHub Packagesについて」を参照してください。
  2. 使用するパッケージクライアントについての指示に従って、アクセストークンを使ってGitHub Packagesの認証をしてください。
  3. 使用するパッケージクライアントに関する指示に従って、パッケージを公開してください。

使用するパッケージクライアントに特有の指示については、「プロジェクトのエコシステムでのGitHub Packagesの利用」を参照してください。

パッケージを公開した後は、GitHub上でそのパッケージを見ることができます。 詳しい情報については「パッケージの表示」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください