👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

パッケージをインストールする

GitHub Packagesからパッケージをインストールし、そのパッケージを自分のプロジェクトの依存関係として使うことができます。

GitHub PackagesはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

リポジトリの読み取り権限を持っている人は、そのリポジトリからパッケージをインストールできます。

パッケージのインストールについて

GitHubを検索して、自分のプロジェクトにインストールできるパッケージをGitHub Packagesで見つけることができます。 詳しい情報については「パッケージをGitHub Packagesで検索する」を参照してください。

パッケージを見つけたなら、そのパッケージの説明と、パッケージのページにあるインストールと利用方法の指示を読むことができます。

パッケージをインストールする

以下の同じ一般的なガイドラインに従って、サポートされているいずれかのパッケージのクライアントを使い、GitHub Packagesからパッケージをインストールできます。

  1. 使用するパッケージクライアントについての指示に従って、GitHub Packagesの認証をしてください。 詳しい情報については「トークンについて」を参照してください。
  2. 使用するパッケージクライアントに関する指示に従って、パッケージをインストールしてください。

使用するパッケージクライアントに特有の指示については、「プロジェクトのエコシステムでのGitHub Packagesの利用」を参照してください。

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください