Organization での SAML シングルサインオンの強制を準備する

Organization で SAML シングルサインオンを強制する前に、Organization のメンバーシップを検証し、アイデンティティプロバイダへの接続文字列を設定する必要があります。

SAMLシングルサインオンは、GitHub Enterprise Cloudで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

Organization で SAML シングルサインオンを強制すると、アイデンティティプロバイダ (IdP) を介して認証していないメンバーは Organization から削除され、削除について知らせるメールが届きます。

Organization で SAML SSO を強制する前に、次の準備が必要です:

Note: 外部のコラボレータは、SAML SSOを使っているOrganization内のリソースにアクセスするために、IdPでの認証を受ける必要はありません。 外部コラボレーターに関する詳しい情報については「Organization の権限レベル」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡