SAML シングルサインオンでボットおよびサービスアカウントを管理する

SAML シングルサインオンを有効にしている Organization は、ボットおよびサービスアカウントへのアクセスを維持できます。

SAMLシングルサインオンは、GitHub Enterprise Cloudで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ボットおよびサービスアカウントへのアクセスを維持するために、Organization の管理者はその Organization に対して SAML シングルサインオンを有効化することはできますが、強制することはできません。 Organization に対して SAML シングルサインオンを強制する必要がある場合は、アイデンティティプロバイダ (IdP) を利用してボットまたはサービスアカウントに外部アイデンティティを作成する方法があります。

注釈: Organization に対して SAML シングルサインオンを強制しておらず、ボットおよびサービスアカウントに対して IdP で外部 ID を設定していない場合、それらは Organization から削除されます。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?