Skip to main content

テキストと数値フィールドについて

この記事では、次の項目が扱われます。

プロジェクトにカスタムのテキストと数値フィールドを追加できます。

テキスト フィールドを使用して、プロジェクトに注釈やその他のフリーフォーム テキストを含めることができます。

テキスト フィールドは、field:"exact text" のようにフィルターで使用できます。 フィールドを指定せずにテキストをフィルター処理する場合は、テキスト フィールドと項目タイトルも使用されます。

数値フィールドもフィルターで使用できます。 >>=<<=.. 範囲クエリを使用して、数値フィールドでフィルター処理できます。 たとえば、field:5..15field:>=20 などです。 詳細については、プロジェクトのフィルター処理に関するページを参照してください。

テキスト フィールドの追加

  1. テーブル ビューで、右端のフィールド ヘッダーの [] をクリックします。 新しいフィールドのボタンを示すスクリーンショット
  2. [新しいフィールド] をクリックします。 新しいフィールドのメニュー項目を示すスクリーンショット
  3. 新しいフィールドの名前を入力します。 フィールド名を示すスクリーンショット
  4. [テキスト] を選びます [テキスト] オプションを示すスクリーンショット
  5. [保存] をクリックします。 [保存] ボタンを示すスクリーンショット

または、Command + K (Mac) または Ctrl + K (Windows/Linux) キーを押してプロジェクト コマンド パレットを開き、「Create new field」と入力し始めます。

数値フィールドの追加

  1. テーブル ビューで、右端のフィールド ヘッダーの [] をクリックします。 新しいフィールドのボタンを示すスクリーンショット
  2. [新しいフィールド] をクリックします。 新しいフィールドのメニュー項目を示すスクリーンショット
  3. 新しいフィールドの名前を入力します。 フィールド名を示すスクリーンショット
  4. [数値] を選びます [数値] オプションを示すスクリーンショット
  5. [保存] をクリックします。 [保存] ボタンを示すスクリーンショット

または、Command + K (Mac) または Ctrl + K (Windows/Linux) キーを押してプロジェクト コマンド パレットを開き、「Create new field」と入力し始めます。