👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

カスタムドメインとGitHub Pages のトラブルシューティング

GitHub Pages サイトのカスタムドメインまたは HTTPS について、よくあるエラーを確認して Issue を解決することができます。

GitHub Pagesは、GitHub Free 及びGitHub FreeのOrganizationではパブリックリポジトリでのみ使用でき、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server ではパブリックおよびプライベートリポジトリで使用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

CNAME エラー

カスタムドメインは、公開ソースのルートにある CNAME ファイルに保存されます。 このファイルは、リポジトリ設定を通じて、あるいは手動で追加または更新することができます。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

サイトが正しいドメインをレンダリングするには、CNAME ファイルがまだリポジトリに存在していることを確認します。 たとえば、静的サイトジェネレータの多くはリポジトリへのプッシュを強制するので、カスタムドメインの設定時にリポジトリに追加された CNAME ファイルを上書きすることができます。 ローカルでサイトをビルドし、生成されたファイルを GitHub にプッシュする場合は、CNAME ファイルをローカルリポジトリに追加したコミットを先にプルして、そのファイルがビルドに含まれるようにする必要があります。

次に、CNAME のフォーマットが正しいことも確認します。

  • CNAME ファイル名は、すべて大文字である必要があります。
  • CNAME ファイルにはドメインを 1 つだけ含めることができます。 複数のドメインをサイトにポイントするには、DNSプロバイダ経由のリダイレクトを設定する必要があります。
  • CNAME エントリはベアドメインである必要があります。 たとえば、www.example.comblog.example.comexample.com などです。
  • CNAME エントリは、GitHub で 1 回しか使用できません。 たとえば、別のリポジトリの CNAME ファイルに example.com が含まれている場合、自分のリポジトリの CNAME ファイルに example.com を使用することはできません。

DNS の設定ミス

デフォルトドメインをカスタムドメインにポイントすることに問題がある場合は、DNS プロバイダに連絡してください。

カスタムドメインの DNS レコードを正しく設定しているかどうかも確認できます。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

サポートされていないカスタムドメイン名

カスタムドメインがサポートされていない場合、使用しているドメインをサポートされているドメインに変更しなければならないかもしれません。 DNSプロバイダに問い合わせて、ドメイン名の転送サービスを提供しているかどうかを確認することもできます。

サイトが以下に当てはまっていないを確認してください。

  • 複数の Apex ドメインを使用している。 たとえば、example.comanotherexample.com の両方など。
  • 複数の www サブドメインを使用している。 たとえば、www.example.comwww.anotherexample.com の両方など。
  • Apex ドメインとカスタムサブドメインの両方を使用している。 たとえば、example.comdocs.example.com の両方など。

警告: *.example.com など、ワイルドカード DNS レコードは使わないでください。 ワイルドカード DNS レコードにより、あなたのサブドメインの 1 つで GitHub Pagesサイトを誰でもホストできるようになります。

サポートされているカスタムサブドメインのリストは、「カスタムドメインと GitHub Pages について」を参照してください。

HTTPS エラー

CNAMEALIASANAMEA DNS レコードで適切に設定されたカスタムドメインを使っている GitHub Pages サイトは、HTTPS でアクセスできます。 詳しい情報についてはHTTPSでGitHub Pagesサイトをセキュアにするを参照してください。

カスタムドメインを設定した後、サイトが HTTPS 経由で利用可能になるには最長 1 時間かかります。 既存の DNS 設定をアップデートした後、HTTPS を有効化するプロセスを開始するには、カスタムドメインを削除してサイトのリポジトリに再追加しなければならない可能性があります。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

Certification Authority Authorization (CAA) レコードの使用を選択した場合、HTTPS 経由でサイトにアクセスするには、値が letsencrypt.org の CAA レコードが少なくとも 1 つ存在している必要があります。 詳しい情報については、Let's Encrypt ドキュメンテーションの「Certificate Authority Authorization (CAA)」を参照してください。

Linux での URL フォーマット

サイトのURLに、先頭か最後がダッシュのユーザ名もしくは Organization 名が含まれていたり、連続するダッシュが含まれていたりすると、Linux でブラウズするユーザがそのサイトにアクセスしようとするとサーバーエラーを受け取ることになります。 これを修正するには、GitHubのユーザ名から非英数字を取り除くよう変更してください。 詳細は「GitHub ユーザ名を変更する」を参照してください。

ブラウザのキャッシュ

最近カスタムドメインを変更または削除し、ブラウザで新しい URL にアクセスできない場合は、ブラウザのキャッシュを削除してから新しい URL にアクセスすることが必要になる場合があります。 キャッシュの削除についての詳しい情報については、ブラウザのドキュメントを参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください