👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Managing data use settings for your private repository

To help GitHub connect you to relevant tools, people, projects, and information, you can configure data use for your private repository.

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

About data use for your private repository

When you enable data use for your private repository, you'll be able to access the dependency graph, where you can track your repository's dependencies and receive security alerts when GitHub detects vulnerable dependencies. For more information, see "About security alerts for vulnerable dependencies."

Enabling or disabling data use features

ノート: パブリックリポジトリにデフォルトで有効化されているセキュリティ及び分析の機能の中には、無効化できないものがあります。

If you enable security and analysis features, GitHub performs read-only analysis on your repository. For more information, see "About GitHub's use of your data."

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。
    リポジトリ設定の"セキュリティと分析"タブ
  4. Under "Configure security and analysis features", to the right of the feature, click Disable or Enable.
    "Enable" or "Disable" button for "Configure security and analysis" features

Further reading

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください