プライベートリポジトリ用のデータ利用設定を管理する

GitHub で、関連するツール、人、プロジェクト、情報につなげるには、プライベートリポジトリ用のデータを設定します。

プライベートリポジトリ用のデータ利用について

プライベートリポジトリのデータ利用を設定すると、依存グラフにアクセスできます。依存グラフでは、リポジトリの依存関係を追跡し、GitHub が脆弱性のある依存関係を検出したときに Dependabotアラート を受け取ることができます。 詳しい情報については、「脆弱性のある依存関係に対するアラートについて」を参照してください。

データ利用機能の有効化と無効化

セキュリティと分析の機能を有効化すると、 GitHubはリポジトリ上で読み取りのみの分析を行います。 詳しい情報については、「GitHub によるデータ使用について」を参照してください。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。 リポジトリ設定の"セキュリティと分析"タブ
  4. [Configure security and analysis features] で、機能の右側にある [Disable] または [Enable] をクリックします。 [Configure security and analysis] 機能の [Enable] または [Disable] ボタン

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡