Managing data use settings for your private repository

To help GitHub connect you to relevant tools, people, projects, and information, you can configure data use for your private repository.

About data use for your private repository

When you enable data use for your private repository, you'll be able to access the dependency graph, where you can track your repository's dependencies and receive Dependabotアラート when GitHub detects vulnerable dependencies. For more information, see "About alerts for vulnerable dependencies."

Enabling or disabling data use features

セキュリティと分析の機能を有効化すると、 GitHubはリポジトリ上で読み取りのみの分析を行います。 詳しい情報については、「GitHub によるデータ使用について」を参照してください。

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。 リポジトリ設定の"セキュリティと分析"タブ
  4. Under "Configure security and analysis features", to the right of the feature, click Disable or Enable. "Enable" or "Disable" button for "Configure security and analysis" features

Further reading

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?