ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

プライベートリポジトリ用のデータ利用設定を管理する

GitHub で、関連するツール、人、プロジェクト、情報につなげるには、プライベートリポジトリ用のデータを設定します。

ここには以下の内容があります:

プライベートリポジトリ用のデータ利用について

プライベートリポジトリのデータ利用を設定すると、依存グラフにアクセスできます。依存グラフでは、リポジトリの依存関係を追跡し、GitHub が脆弱な依存関係を検出したときにセキュリティアラートを受け取ることができます。 詳しい情報については脆弱性のある依存関係に対するセキュリティアラートについてを参照してください。

データ利用機能の有効化と無効化

ノート: パブリックリポジトリにデフォルトで有効化されているセキュリティ及び分析の機能の中には、無効化できないものがあります。

If you enable security and analysis features, GitHub performs read-only analysis on your repository. 詳しい情報については、「GitHub によるデータ使用について」を参照してください。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。
    リポジトリ設定の"セキュリティと分析"タブ
  4. [Configure security and analysis features] で、機能の右側にある [Disable] または [Enable] をクリックします。
    [Configure security and analysis] 機能の [Enable] または [Disable] ボタン

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください