ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

オープンソースコントリビューターに対する GitHub スポンサーについて

オープンソースプロジェクトに貢献すれば、スポンサードコントリビューターとなって、作業に対する報酬を得られます。

ここには以下の内容があります:

GitHub Sponsors に参加する

オープンソースプロジェクトにコントリビュートし、サポートされている地域に銀行口座を持っている人は、スポンサード開発者になることができます。 コントリビューションにはバグレポート、Issueのトリアージ、コード、ドキュメンテーション、リーダーシップ、ビジネス開発、プロジェクト管理、メンターシップ、設計などがありますが、これだけに限定されません。 GitHub Sponsorsにまだサポートされていない地域に住んでいる場合、GitHub Sponsorsのベータへの参加の待ちリストにサインアップできます。 あなたの地域でGitHub Sponsorsが利用できるかを見るには、サポートされている地域のリストを参照してください。詳細は「ユーザアカウントに GitHub Sponsors を設定する」を参照してください。

オープンソースプロジェクトにコントリビュートし、サポートされている地域に専用の銀行口座を持っているOrganizationは、スポンサードOrganizationになることができます。 GitHub Sponsorsにまだサポートされていない地域に住んでいる場合は、GitHub Sponsorsの待ちリストに加わってください。 For more information, see "Setting up GitHub Sponsors for your organization."

GitHub Sponsors に参加すると、あなたの GitHub Sponsors プロフィールやその他の資金獲得プラットフォームの認知度を高めるため、コントリビュートしているオープンソースリポジトリにスポンサーボタンを追加できます。 詳しい情報については「リポジトリにスポンサーボタンを表示する」を参照してください。

スポンサーシップの目標を設定できます。 詳細は「スポンサーシップ目標を管理する」を参照してください。

GitHubは、スポンサーシップの適格性やマッチングを判断するため、あるいは潜在的な条件違反の調査の一部として、GitHub Sponsorsの応募者や参加者に対し、スポンサーシップのプロフィールやアクティビティについての追加情報を求めるために連絡することがあります。

スポンサーシップ層

スポンサーが選択できる層として、最大で10個のスポンサーシップ層を作成できます。 各層にはそれぞれの米ドルでの月額と、新バージョンへの早期アクセスやプロジェクトのREADMEで取り上げられたりするといったメリットがあります。

層にスポンサーが付いたなら、その層の額は編集できなくなります。 その代わりに、その層を止めて新しい層を作成できます。 既存のスポンサーは、スポンサーシップ層を変更するかキャンセルするまで、止められた層に残ります。 詳細は、「ユーザアカウントに GitHub Sponsors を設定する」、「Organization に GitHub Sponsors を設定する」、および「スポンサーシップのレベルを変更する」を参照してください。

スポンサーシップの支払い

GitHub Sponsorsはユーザアカウントからスポンサーシップの費用を請求しないので、これらのスポンサーシップの100%がスポンサー付きの開発者あるいはOrganizationに渡ります。

GitHub Sponsorsからの支払いのタイミングに関する情報については「GitHub Sponsorsの追加規約」を参照してください。

詳しい情報については、「GitHub Sponsorsからの支払いを管理する」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください