カリフォルニア州消費者プライバシー法に関するGitHubからの通知

発行日: 2020年1月1日

カリフォルニア州住民に対するGitHubからの通知

2018年のカリフォルニア州消費者プライバシー法 (Cal. Civ. Code §1798.100 以降の条文 (改訂された場合はその改訂版)、以下「CCPA」) は、カリフォルニア州住民に自らの個人情報に対する権利と管理権を与えるものです。 GitHub, Inc. (「GitHub」または「当社」) は、CCPA に基づく要件に従い、カリフォルニア州住民 (「お客様」) の個人情報の収集および取り扱いに関して特定の開示を行うため、カリフォルニア州住民に対して本声明を規定します。 これはCCPAに基づき、GitHubがカリフォルニア州住民に限定して付与する消費者のプライバシー権について説明するものです。 個人情報を管理するというCCPAの中核的な権利を、米国の当社全ユーザに拡大したことに関する情報については、当社の「プライバシーについての声明」を参照してください。

個人情報は販売いたしません

CCPAの下では、カリフォルニア州住民の個人情報を他者に販売する企業は、1) 個人情報を他者に販売する前にカリフォルニア州住民に通知する義務があり、2) カリフォルニア州住民に個人情報の販売をオプトアウトする権利を与える義務があります。

GitHubは、16歳未満の方を含め、一切の個人情報を販売いたしません。 したがって、本件に関する通知およびオプトアウトの要件はGitHubには適用されません。

CCPAに基づくあなたの権利

CCPAは、カリフォルニア州住民に、個人情報に関する特定の権利を付与します。 To submit a request based on these rights, please contact us via our contact form.

請求を受領した際、当社はリクエストを行った方が、個人情報の請求対象に関係する住民であるかどうかを検証します。 カリフォルニア州住民は、個人情報の処理に関する特定の情報を開示したり、個人情報を削除したりするため、自ら権利を行使するか、委任代理人を使用して権利行使の請求を行うことができます。 委任代理人を使用して請求を行う場合、当社は代理人があなたに代わって行動していることを証明する追加情報を求めることがあります。

個人情報に関して、カリフォルニア州住民は以下の権利を行使することができます。

1. どの個人情報が、どのような目的で、誰と共有されているかを知る権利

カリフォルニア州住民は、過去12か月間に収集した個人情報の類型および特定の部分、かかる個人情報が収集された情報源の類型、かかる個人情報を収集した事業または商業上の目的、および事業者が個人情報を共有する第三者の類型について、事業者に対し開示を求める権利を有します。

収集された自らの個人情報の類型および特定の部分について事業者に開示を請求した場合、その情報を無料で、年2回受け取る権利があります。 情報は郵送または電子的手段で送信でき、電子的手段の場合はポータブルであり、技術的に可能な範囲で、カリフォルニア州住民がその情報を他の主体に容易に送信できる容易に利用可能なフォーマットであることとします。 あなたはGitHubのUser Migration APIを使用して、あなた自身のデータにアクセスしてダウンロードできます。 詳細はこちらをご覧ください。

2. 事業目的で個人情報が販売または開示されたか、また誰に販売または開示されたかを知る権利

カリフォルニア州住民は、事業目的で個人情報を販売または開示する事業者に対し、事業目的で個人情報を販売または開示した第三者の類型も含めて、過去12か月間において事業目的で収集、販売、開示した個人情報を、別々に記載した一覧を請求する権利を有します。

3. 個人情報の販売を拒否する権利

上述の通り、CCPAは個人情報を販売する事業者に対し、カリフォルニア州住民が個人情報の販売をオプトアウトできるようにすることを求めています。

繰り返しますが、GitHubは個人情報を販売いたしません。

4. プライバシー権を行使した場合にサービスや価格で差別されない権利

CCPAは、CCPAに基づく権利を行使することにより事業者がカリフォルニア州住民を差別することを禁止しています。その内容には、以下が含まれます。

  • 商品またはサービスを拒むこと
  • 割引やその他特典を用いる、ペナルティを課すといった手段を含め、商品やサービスに異なる価格や料金を請求すること
  • 商品やサービスについて異なるレベルまたは品質を提供すること
  • 権利を行使する人が商品やサービスについて異なる価格や料金を提示される、または商品やサービスについて異なるレベルまたは品質が提供されると示唆すること

5. 削除する権利

カリフォルニア州住民は、事業者が収集した自らの個人情報の削除を事業者に請求する権利を有します。ただし、CCPA §1798.105にある例外に該当する場合を除きます。

当社における個人情報の取り扱い

以下の表には、当社が収集および共有する情報の類型についての情報が含まれていますが、詳細についてはGitHubのプライバシーについての声明を参照してください。

過去12か月間に収集された個人情報の類型個人情報が収集された情報源の類型個人情報を収集する事業上または商業上の目的個人情報を共有する第三者の類型事業上または商業上の目的により開示した個人情報の類型
識別子 (実名、エイリアス、住所、固有の個人識別子、オンライン識別子、インターネットプロトコルアドレス、メールアドレス、アカウント名、その他の類似する識別子など)当社サービスやウェブサイトとのやりとりにより消費者が直接的または自動的に提供する情報セキュリティインシデントの検出、悪意のある、虚偽的、詐欺的、または違法な行為からの保護、およびかかる行為の責任者の起訴、

既存の意図した機能を損なうエラーを特定および修復するためのデバッグ

事業者またはサービスプロバイダを代理したサービスの提供

技術開発および実証のための内部調査の実施

サービスの品質または安全性を検証または維持、およびサービスを改善、アップグレード、または強化するための活動の実施
サービスプロバイダ、該当する顧客、法執行機関この類型の個人情報は、事業または商業上の目的により開示
Cal. Civ. Code §1798.80の (e) に記載された個人情報のあらゆる類型 (同法は「個人情報」を「特定の個人を特定する、特定の個人に関係する、特定の個人を描写する、または特定の個人と紐付くあらゆる情報」と定義。氏名、住所、クレジットカード番号、デビットカード番号をなどが含まれ、公開情報は除外)消費者が直接提供する情報悪意のある、虚偽的、詐欺的、または違法な行為の責任者の起訴、

事業者またはサービスプロバイダを代理したサービスの提供
サービスプロバイダ、法執行機関この類型の個人情報は、事業または商業上の目的により開示
カリフォルニア州法または連邦法のもとでの保護された分類の特性 (性別、年齢など)消費者が直接提供することを選択できる情報サービスの実施 (ユーザプロフィール)サービスプロバイダこの類型の個人情報は、事業または商業上の目的により開示
商業的情報 (製品やサービスの購入、取得、検討、その他購入または消費の履歴や傾向など)当社サービスとのやりとりにより消費者が直接的または自動的に提供する情報既存の意図した機能を損なうエラーを特定および修復するためのデバッグ

事業者またはサービスプロバイダを代理したサービスの提供
サービスプロバイダこの類型の個人情報は、事業または商業上の目的により開示
Geolocation data (such as IP address)Information consumer provides automatically through their interaction with our ServicesDetecting security incidents, protecting against malicious, deceptive, fraudulent, or illegal activity, and prosecuting those responsible for that activity

Debugging to identify and repair errors that impair existing intended functionality

Performing services on behalf of the business or service provider

Undertaking internal research for technological development and demonstration

Undertaking activities to verify or maintain the quality or safety of a service, and to improve, upgrade, or enhance the service
Service providers, applicable customers, law enforcementThis category of personal information has been disclosed for a business or commercial purpose

CCPAに基づく適用除外

CCPAでは、過去12か月間に関する上記の開示のうち以下の特定の部分について、企業間の適用除外を含めて、2020年12月31日まで適用除外を行います。

GitHubと自然人との間の書面または口頭によるやりとりまたは取引を反映した個人情報で、自然人が従業員、経営者、取締役、役員、または契約会社、共同経営者、個人事業主、非営利団体、もしくは政府機関として行動し、GitHubとのやりとりまたは取引が、かかる企業、共同経営者、個人事業主、非営利団体、もしくは政府機関がGitHubとのデューデリジェンスに関する、または製品やサービスの授受に関する文脈においてのみ発生したものである場合。

If you have any questions about this page, please contact us via our contact form.

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?