ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ユーザアカウントのセキュリティと分析設定を管理する

GitHub 上のプロジェクトのコードをセキュリティ保護し分析する機能を管理できます。

セキュリティおよび分析設定の管理について

GitHub を使用してリポジトリを保護できます。 このトピックでは、既存または新規のすべてのリポジトリのセキュリティおよび分析機能を管理する方法について説明します。

個々のリポジトリのセキュリティおよび分析機能は引き続き管理できます。 詳しい情報については「リポジトリのセキュリティ及び分析の設定の管理」を参照してください。

ノート: パブリックリポジトリにデフォルトで有効化されているセキュリティ及び分析の機能の中には、無効化できないものがあります。

セキュリティと分析の機能を有効化すると、 GitHubはリポジトリ上で読み取りのみの分析を行います。 詳しい情報については、「GitHub によるデータ使用について」を参照してください。

For an overview of repository-level security, see "Securing your repository."

既存のリポジトリに対して機能を有効または無効にする

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。 セキュリティと分析の設定
  3. [Configure security and analysis features] で、機能の右側にある [Disable all] または [Enable] をクリックします。 [Configure security and analysis] 機能の [Enable all] または [Disable all] ボタン
  4. オプションで、Organization の新しいリポジトリに対して機能をデフォルトで有効にすることもできます。 新規のリポジトリの [Enable by default] オプション
  5. すべてのリポジトリに対してこの機能を有効または無効にするには、[Disable FEATURE] または [Enable FEATURE] をクリックします。 機能 を無効または有効にするボタン

既存のリポジトリで1つ以上のセキュリティ及び分析機能を有効化すると、数分のうちにGitHub上に結果が表示されます。

  • 既存のすべてのリポジトリは、選択された設定を持ちます。
  • 新しいリポジトリは、新しいリポジトリのチェックボックスを有効にしていれば、選択された設定に従います。
  • 関連するサービスに適用するマニフェストファイルをスキャンするために権限を使用します。
  • 依存関係グラフ上に情報が表示されます。
  • GitHubは、Dependabotアラートを生成します。 そして、Pull Requestを作成します。

既存のリポジトリに対して機能を有効または無効にする

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左のサイドバーで、Security & analysis(セキュリティと分析)をクリックしてください。 セキュリティと分析の設定
  3. [Configure security and analysis features] にある機能の右側で、Organization の新規のリポジトリに対して機能をデフォルトで有効または無効にします。 新規のリポジトリに対して機能を有効または無効にするチェックボックス

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡