Enterprise アカウントでの Advanced Security のポリシーを適用する

Enterprise のオーナーは、Enterprise アカウントが所有する Organization の GitHub Advanced Security 機能を管理するためのポリシーを適用できます。

GitHub Advanced Securityライセンスは、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server上のEnterpriseアカウントで利用できます。GitHub Advanced Securityは、GitHub.com上のすべてのパブリックリポジトリにも含まれます。詳しい情報については「GitHubの製品について」を参照してください。

GitHub Advanced Security について

GitHub Advanced Securityは、開発者がコードのセキュリティと品質を改善し、維持するための役に立ちます。詳しい情報については「GitHub Advanced Securityについて」を参照してください。

Advanced Security 機能のポリシーを施行する

GitHubはAdvanced Securityに対してコミッター単位で課金します。 詳しい情報については「GitHub Advanced Securityのライセンスの管理」を参照してください。

リポジトリ管理者がOrganizationのリポジトリでAdvanced Securityの機能を有効化できるようにするかをコントロールするポリシーを適用できます。 Enterpriseアカウントが所有するすべてのOrganizationに対して、あるいは選択した個々のOrganizationに対してポリシーを設定できます。

Organizationに対してAdvanced Securityを不許可にすれば、リポジトリ管理者が追加のリポジトリでAdvanced Securityの機能を有効化できないようにすることができますが、そうしても機能がすでに有効化されていたリポジトリでは機能は無効化されません。 Advanced Security機能の設定に関する詳しい情報については「Organizationのセキュリティ及び分析の設定管理」あるいは「リポジトリのセキュリティ及び分析の設定管理」を参照してください。

  1. GitHubの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHubのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. Policies(ポリシー)の下で、"Advanced Security"をクリックしてください。 サイドバー内の"Advanced Security" ポリシー

  5. "GitHub Advanced Security"の下で、ドロップダウンメニューを選択し、Enterpriseが所有するOrganizationのためのポリシーをクリックしてください。 Enterpriseアカウント中のOrganizationに対するAdvanced Securityポリシーを選択するドロップダウン

  6. あるいは、Allow for selected organizations(選択したOrganizationに対して許可)を選択した場合、Organizationの右でドロップダウンメニューを選択し、OrganizationについてAdvanced Securityを許可もしくは非許可してください。 Enterpriseアカウント中の個々のOrganizationについてAdvanced Securityポリシーを選択するドロップダウン

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡