ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Enterprise で Visual Studio プランのライセンスを管理する

Visual Studio subscription with GitHub Enterprise の GitHub Enterprise ライセンスを管理できます。

Visual Studio subscription with GitHub Enterprise について

Visual Studio subscription with GitHub Enterprise は、サブスクライバーが GitHub Enterprise と Visual Studio の両方を使用できるように組み合わせて販売されている Microsoft の製品です。 Visual Studio subscription with GitHub Enterprise は、Microsoft Enterprise Agreement の条件に基づいて Microsoft から入手できます。 詳しい情報については、「Visual Studio Web サイトの Visual Studio subscription with GitHub Enterprise」を参照してください。

Visual Studio subscription with GitHub Enterprise のライセンスをサブスクライバーに割り当てた後、サブスクライバーは、Enterprise アカウントの Organization に GitHub.com のユーザアカウントを使用して参加することにより、ライセンスの GitHub Enterprise 部分を使用します。 GitHub.com の Enterprise メンバーのユーザアカウントのメールアドレスが Visual Studio アカウントのサブスクライバーのユーザプライマリ名 (UPN) と一致する場合、Visual Studio サブスクライバーは自動的に Visual Studio subscription with GitHub Enterprise のライセンスを 1 つ消費します。

GitHub での Enterprise のライセンスの合計数は、標準の GitHub Enterprise ライセンスと GitHub へのアクセスを含む Visual Studio サブスクリプションライセンス数の合計です。 Enterprise メンバーのユーザーアカウントが Visual Studio サブスクライバーのメールアドレスと一致しない場合、ユーザアカウントが消費するライセンスは Visual Studio サブスクライバーには使用できません。

GitHub Enterprise の詳細は、「GitHub の製品」を参照してください。 GitHub.com のアカウントの詳細については、「GitHub アカウントのタイプ」を参照してください。

必要な環境

  1. Visual Studio subscription with GitHub Enterprise を購入したら、GitHubの営業チーム に問い合わせて「Visual Studio subscription with GitHub Enterprise」と伝えます。 営業スチームと連携して、GitHub.com で Enterprise アカウントを作成します。 すでに GitHub.com に Enterprise アカウントをお持ちの場合、または不明な場合は、営業チームにお問い合わせください。

  2. Visual Studio subscriptions管理ポータル のサブスクライバーに Visual Studio subscription with GitHub Enterprise のライセンスを割り当てます。 ライセンス割り当ての詳細については、Microsoft Docs の「GitHub Enterprise を使用した Visual Studio プランの管理」を参照してください。

  3. GitHub.com で、Enterprise アカウントが所有する Organization を少なくとも 1 つ作成します。 詳しい情報については、「Enterprise アカウントに Organization を追加する」参照してください。

サブスクライバーを招待して GitHub Enterprise を使用する

ライセンスの GitHub Enterprise 部分を使用するには、GitHub.com のサブスクライバーのユーザアカウントが、GitHub.com の Enterprise が所有する Organization のメンバーであるかメンバーになる必要があります。

Organization のオーナーは、メールアドレスで新しいメンバーを Organization に招待できます。 サブスクライバーは、GitHub.com の既存のユーザ アカウントで招待を受け入れるか、新しいアカウントを作成できます。

必須ではありませんが、Organization のオーナーは、Visual Studio サブスクライバーのユーザプライマリ名 (UPN) に使用されているのと同じメールアドレスに招待状を送信することをお勧めします。 GitHub のメールアドレスがサブスクライバーの UPN と一致する場合、Organization の別のメンバーがサブスクライバーのライセンスをリクエストしないようにすることができます。

詳しい情報については、「Organization にユーザーを招待する」、「GitHub へのサインアップ」および「メール プリファレンスの管理」を参照してください。

GitHub Enterprise ライセンスを表示する

Visual Studio subscriptions管理ポータル で Visual Studio subscription with GitHub Enterprise のライセンスを割り当てた後、Enterprise アカウントで使用可能な GitHub Enterprise ライセンスの数を表示できます。 詳細は「Enterprise アカウントのプランおよび利用状況を見る示」を参照してください。

Visual Studio subscriptions管理ポータル のサブスクライバーへの保留中の GitHub Enterprise 招待を確認することもできます。 保留中の招待リストには、Enterprise アカウントの少なくとも 1 つの Organization のメンバーではないサブスクライバーが含まれます。 詳しい情報については、「Enterprise の人を表示する」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡