👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Enterprise アカウントでリポジトリ管理ポリシーを施行する

Enterprise のオーナーは、自分の Enterprise のアカウントが所有するすべての Organization に対して特定のリポジトリの管理ポリシーを強制したり、Organization ごとのポリシーの設定を許可したりすることができます。

Enterpriseアカウントは、GitHub Enterprise Cloud及びGitHub Enterprise Serverで利用できます。 詳しい情報については「Enterpriseアカウントについて」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

詳細は「Organization のためのリポジトリ権限レベル」を参照してください。

デフォルトのリポジトリの権限に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントによって所有されているすべての Organization 全体で、デフォルトのリポジトリ権限レベル (なし、読み取り、書き込み、管理) を Organization のメンバー用に設定したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAMEはあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。
  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ
  3. [Repository policies] タブの [Default permissions] で、設定変更についての情報を読みます。 あるいは、設定を強制する前にEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationの現在の設定を見たいなら、 View your organizations' current configurations(Organizationの現在の設定の表示)をクリックしてください。
    ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク
  4. [Default permissions] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。
    リポジトリ権限ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

リポジトリの作成に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、メンバーがリポジトリを作成したり、Organization のオーナーへのリポジトリの作成を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。 メンバーにリポジトリの作成を許可する場合は、パブリック、プライベート、内部の各リポジトリをどう組み合わせて作成するかを任意に選択できます。 インターナルリポジトリは、Enterpriseアカウントが所有するOrganization内で作成されるすべての新規リポジトリのデフォルト設定です。 詳しい情報については「内部リポジトリを作成する」を参照してください。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAMEはあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。
  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ
  3. [Repository policies] タブの [Repository creation] で、設定変更についての情報を読みます。 あるいは、設定を強制する前にEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationの現在の設定を見たいなら、 View your organizations' current configurations(Organizationの現在の設定の表示)をクリックしてください。
    ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク
  4. "Repository creation(リポジトリの作成)"の下で、ポリシーを選択してください。
    リポジトリ作成ポリシーオプションのドロップダウンメニュー
  5. Members can create repositories(メンバーはリポジトリを作成可能)を選択したなら、1つ以上のリポジトリの種類を選択してください。
    リポジトリの種類のチェックボックス
  6. Saveをクリックします。

プライベートまたは内部リポジトリのフォークに関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、ユーザーにリポジトリのフォーク用にプライベートまたは内部リポジトリへのアクセスを許可したり、プライベートまたは内部リポジトリのフォークを一切禁止したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAMEはあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。
  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ
  3. [Repository policies] タブの [Repository forking] で、設定変更についての情報を読みます。 あるいは、設定を強制する前にEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationの現在の設定を見たいなら、 View your organizations' current configurations(Organizationの現在の設定の表示)をクリックしてください。
    ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク
  4. [Repository forking] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。
    リポジトリ フォーク ポリシー オプションのドロップダウンメニュー

外部コラボレーターのリポジトリへの招待に関するポリシーを施行する

自分の企業アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、メンバーが外部コラボレーターをリポジトリに招待したり、外部コラボレーターの Organization オーナーへの招待を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAMEはあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。
  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ
  3. [Repository policies] タブの [Repository invitations] で、設定変更についての情報を確認します。 あるいは、設定を強制する前にEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationの現在の設定を見たいなら、 View your organizations' current configurations(Organizationの現在の設定の表示)をクリックしてください。
    ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク
  4. [Repository invitations] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。
    外部コラボレーター招待ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

リポジトリの表示の変更に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、管理者権限を持つメンバーがリポジトリの表示を変更したり、Organization のオーナーへのリポジトリの表示の変更を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAMEはあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。
  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ
  3. [Repository policies] タブの [Repository visibility change] で、設定変更についての情報を確認します。 あるいは、設定を強制する前にEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationの現在の設定を見たいなら、 View your organizations' current configurations(Organizationの現在の設定の表示)をクリックしてください。
    ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク
  4. "Repository visibility change(リポジトリの可視性の変更)"の下で、ドロップダウンメニューを使ってポリシーを選択してください。
    リポジトリの可視性のポリシーの選択肢があるドロップダウンメニュー

リポジトリの削除または移譲に関するポリシーを施行する

自分の Enterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、管理者権限を持つメンバーがリポジトリを削除または転送したり、Organization のオーナーへのリポジトリの削除と転送を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAMEはあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。
  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ
  3. [Repository policies] タブの [Repository deletion and transfer] で、設定変更についての情報を確認します。 あるいは、設定を強制する前にEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationの現在の設定を見たいなら、 View your organizations' current configurations(Organizationの現在の設定の表示)をクリックしてください。
    ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク
  4. "Repository deletion and transfer(リポジトリの削除と移譲)"の下で、ドロップダウンメニューを使ってポリシーを選択してください。
    リポジトリの削除ポリシーの選択肢があるドロップダウンメニュー

Issue の削除に関するポリシーを施行する

自分のEnterprise アカウントで所有しているすべての Organization 全体で、管理者権限を持つメンバーがリポジトリ内の Issue を削除したり、Organization のオーナーに対して Issue の削除を制限したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりできます。

  1. https://github.com/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスして、Enterprise アカウントに移動します。ENTERPRISE-NAMEはあなたの Enterprise アカウント名に置き換えてください。
  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ
  3. [Repository policies] タブの [Repository issue deletion] で、設定変更についての情報を確認します。 あるいは、設定を強制する前にEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationの現在の設定を見たいなら、 View your organizations' current configurations(Organizationの現在の設定の表示)をクリックしてください。
    ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク
  4. [Repository issue deletion] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。
    Issue 削除ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください