ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Git Large File Storage の使用状況を表示する

アカウントの毎月の帯域幅容量と Git LFS の残りの容量を監査できます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

帯域とストレージに量は、リポジトリのオーナーのクオータに対してのみカウントされます。 フォークでは、帯域とストレージの利用はリポジトリネットワークのルートに対してカウントされます。 リポジトリへの書き込みアクセスを持っている人は、自分個人の帯域とストレージクオータに影響を与えたり、データパックを購入したりすることなくGit LFSにファイルをプッシュできます。 フォークの作成やリポジトリのプルは、親リポジトリの帯域制限に対してカウントされます。 帯域に未使用があっても、翌月には持ち越しできません。

個人アカウントのストレージと帯域幅の使用状況を表示する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. ユーザ設定サイドバーでBilling(支払い)をクリックしてください。
    支払い設定
  3. Subscriptions(プラン)をクリックしてください。
    [Subscriptions] タブ
  4. "Git LFS Data(Git LFSのデータ)"の下で、利用している帯域とストレージの詳細を見てください。
    Git LFSのデータ利用状況の詳細

Organization のストレージと帯域幅の使用状況を表示する

オーナーあるいは支払いマネージャーロールを持っている Organization のメンバーだけが、Organization の支払い設定へのアクセスあるいは変更が可能です。

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. OrganizationのSettings(設定)サイドバーで、Billing(支払い)をクリックしてください。
    支払い設定
  5. Subscriptions(プラン)をクリックしてください。
    [Subscriptions] タブ
  6. "Git LFS Data(Git LFSのデータ)"の下で、利用している帯域とストレージの詳細を見てください。
    Git LFSのデータ利用状況の詳細

参考リンク

Did this doc help you?