ディスカッションを検索する

GitHub 上のディスカッションを検索し、検索修飾子を使用して検索結果を絞り込むことができます。

ディスカッションの検索について

GitHub 全体にわたってグローバルにディスカッションを検索できます。あるいは、特定の Organization のみのディスカッションの検索もできます。 詳細は「GitHub での検索について」を参照してください。

参考:

  • 検索結果を改良する検索修飾子を追加できる検索構文のリストについては、「検索構文を理解する」を参照してください。
  • 複数単語の検索用語は引用符で囲みます。 たとえば "In progress" というラベルを持つ Issue を検索したい場合は、label:"in progress" とします。 検索では、大文字と小文字は区別されません。

タイトル、本文、またはコメントで検索

in 修飾子を使用すると、ディスカッションの検索をタイトル、本文、またはコメントに制限できます。 修飾子を組み合わせて、タイトル、本文、またはコメントの組み合わせを検索することもできます。 in 修飾子を省略すると、GitHub はタイトル、本文、およびコメントを検索します。

修飾子サンプル
in:titlewelcome in:title は、タイトルに「welcome」を含むディスカッションにマッチします。
in:bodyerror in:title,body は、タイトルか本文に「onboard」を含むディスカッションにマッチします。
in:commentswelcome in:title は、ディスカッションのコメントに「thanks」を含むディスカッションにマッチします。

ユーザまたは Organization のリポジトリ内の検索

特定のユーザまたは Organization のすべてのリポジトリのディスカッションを検索するには、user 修飾子または org 修飾子を使います。 特定のリポジトリのディスカッションを検索するには、repo 修飾子を使います。

修飾子サンプル
user:USERNAMEuser:octocat feedback @octocat が所有するリポジトリからの「feedback」という単語を含むディスカッションにマッチします。
org:ORGNAMEorg:github は、GitHub Organization が保有するリポジトリのディスカッションにマッチします。
repo:USERNAME/REPOSITORYrepo:nodejs/node created:<2021-01-01 は、2021年1月以前に作成された@nodejs の Node.js ランタイムプロジェクトからのディスカッションにマッチします。

リポジトリの可視性によるフィルタ

is 修飾子を使用して、ディスカッションを含むリポジトリの可視性でフィルタできます。 詳細は「リポジトリの可視性について」を参照してください。

| 修飾子 | 例 | :- | :- | | is:public | is:public はパブリックリポジトリへのディスカッションにマッチします。 | is:internal | is:internal は内部リポジトリへのディスカッションにマッチします。 | is:private | is:private tiramisu は、アクセス可能なプライベートリポジトリに「tiramisu」という単語を含むディスカッションにマッチします。

作者で検索

author 修飾子は、特定のユーザが作成したディスカッションを表示します。

修飾子サンプル
author:USERNAMEcool author:gjtorikian は、@octocat が作成した「cool」という単語を含むディスカッションにマッチします。
bootstrap in:body author:octocat は、@octocat が作成した「bootstrap」という単語を含むディスカッションにマッチします。

コメントした人で検索

commenter 修飾子は、特定のユーザからのコメントを含むディスカッションを検索します。

修飾子サンプル
commenter:USERNAMEgithub commenter:becca org:github は、@beccaのコメントがあり、「github」という単語がある、GitHub が所有するリポジトリのディスカッションにマッチします。

ディスカッションに関与しているユーザで検索

involves 修飾子では、特定のユーザが関与するディスカッションを表示します。 修飾子は、特定のユーザが作成したディスカッション、特定のユーザをメンションしたディスカッション、特定のユーザによるコメントを含むディスカッションを返します。 involves 修飾子は、単一ユーザについて、authormentions、および commenter を論理 OR でつなげます。

修飾子サンプル
involves:USERNAMEinvolves:becca involves:octocat は、@becca または @octocat が関与しているディスカッションにマッチします。
NOT beta in:body involves:becca は、本文に「beta」という単語を含まず、@becca が関与しているディスカッションにマッチします。

コメントの数で検索

コメント数で検索するには、不等号や範囲の修飾子とともに comments 修飾子を使います。 詳しい情報については、「検索構文を理解する」を参照してください。

修飾子サンプル
comments:ncomments:>100 は、コメント数が 100 を超えるクローズしたディスカッションにマッチします。
comments:500..1000は、500 から 1,000 までの範囲のコメント数のディスカッションにマッチします。

インタラクションの数で検索

interactions 修飾子を使用したインタラクションの数と、不等号や範囲の修飾子によってディスカッションをフィルタできます。 インタラクションの数は、ディスカッションに対するリアクションとコメントの数のことです。 詳しい情報については、「検索構文を理解する」を参照してください。

修飾子サンプル
interactions:n interactions:>2000 は、インタラクションの数が 2,000 以上あるディスカッションにマッチします。
interactions:500..1000 は、500~1,000 の範囲のインタラクションとのディスカッションにマッチします。

リアクションの数で検索

不等号や範囲の修飾子と一緒に reactions 修飾子を使用して、リアクションの数でディスカッションをフィルタすることができます。 詳しい情報については、「検索構文を理解する」を参照してください。

修飾子サンプル
reactions:n reactions:>1000 は、リアクションの数が 500 以上あるディスカッションにマッチします。
reactions:500..1000 は、リアクションの数が 500~1,000 の範囲のディスカッションにマッチします。

ディスカッションの作成時期または最終更新時期で検索

作成時期または最終更新時期でディスカッションをフィルタできます。 ディスカッションの作成時期については、created の修飾子を使います。ディスカッションの最終更新時期で表示するには、updated の修飾子を使います。

両方の修飾子は、パラメータとして日付を使います。 日付の形式は ISO8601標準に従い、YYYY-MM-DD(年-月-日) とする必要があります。 オプションの時間情報のTHH:MM:SS+00:00を日付の後に付けて、時、分、秒で検索できるようにすることもできます。 これはTの後にHH:MM:SS(時-分-秒)、そしてUTCオフセット(+00:00)を続けたものです。

日付に対して検索を行う場合、結果をさらにフィルタリングするためにより大きい、より小さい、範囲の修飾子を利用できます。 詳しい情報については、「検索構文を理解する」を参照してください。

修飾子サンプル
created:YYYY-MM-DDcreated:>2020-11-15 は、2020 年 11 月 15 日以降に作成されたディスカッションにマッチします。
updated:YYYY-MM-DDweird in:body updated:>=2020-02-01 は、2020 年 12 月以降に更新された、本文に「weird」という単語を含むディスカッションにマッチします。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡