👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

アカウントの Codespaces をパーソナライズする

Codespaces は GitHub の「dotfiles」リポジトリを使用して、作成したすべての新しい codespace をパーソナライズします。

ユーザは「dotfiles」リポジトリを作成して、ユーザアカウント用に Codespaces をパーソナライズできます。

Codespacesは、GitHub FreeもしくはGitHub Proを使っているユーザアカウントで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ノート: Codespacesは現在限定ベータで、変更されることがあります。 ベータ期間中、GitHubはCodespacesの可用性について保証しません。 ベータへの参加に関する詳しい情報については「Codespacesについて」を参照してください。

ドットファイルは、. で始まる Unix ライクなシステム上のファイルとフォルダであり、システム上のアプリケーションとシェルの設定を制御します。 ドットファイルは、GitHub のリポジトリに保存して管理できます。 dotfiles リポジトリに含める内容に関するアドバイスとチュートリアルについては、「GitHub does dotfiles」をご覧ください。

GitHub のユーザアカウントが dotfiles というパブリックリポジトリを所有している場合、GitHub は自動的にこのリポジトリを使用して、codespace 環境をパーソナライズします。 プライベート dotfiles リポジトリは現在サポートされていません。

dotfiles リポジトリには、シェルのエイリアスと設定、インストールするツール、またはその他の codespace パーソナライゼーションを含めることができます。

dotfiles リポジトリを使用した codespace パーソナライゼーションは、作成したすべての codespace に適用されます。 プロジェクトのメンテナは、ユーザが作成したリポジトリのすべての codespace に適用されるデフォルト設定を定義することもできます。 dotfilesのパーソナライゼーションは、リポジトリのデフォルトのcodespace設定よりも先に適用されます。詳しい情報については、「プロジェクトの Codespaces を設定する」を参照してください。

新しいコードスペースを作成すると、GitHub は dotfiles リポジトリを codespace 環境にクローンし、次のいずれかのファイルを探して環境をセットアップします。

  • install.sh
  • install
  • bootstrap.sh
  • bootstrap
  • setup.sh
  • setup

これらのファイルがいずれも見つからない場合、. で始まる dotfiles 内のファイルまたはフォルダは、codespace の ~ または $HOME ディレクトリにシンボリックリンクされます。

dotfiles リポジトリへの変更は、新しい codespace ごとにのみ適用され、既存の codespace には影響しません。

詳しい情報については、Visual Studio Code ドキュメントの「パーソナライズする」を参照してください。

注釈: 現在、Codespaces は、dotfiles リポジトリを使用した Visual Studio Code エディタのユーザ設定のパーソナライズをサポートしていません。 プロジェクトのリポジトリ内の特定のプロジェクトに対して、デフォルトの ワークスペースおよびリモート [Codespaces] を設定できます。 詳しい情報については、「プロジェクトの Codespaces を設定する」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください