👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

保護されたブランチへのフォースプッシュを有効化する

保護されたブランチへのフォースプッシュを有効化することができます。

保護されたブランチは、GitHub Free 及びGitHub FreeのOrganizationではパブリックリポジトリでのみ使用でき、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server ではパブリックおよびプライベートリポジトリで使用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

リポジトリに対する管理者権限があるユーザは、フォースプッシュを有効化できます。

保護されたブランチへのフォースプッシュについて

デフォルトでは、フォースプッシュはすべての保護されたブランチでブロックされます。 保護されたブランチのフォースプッシュを有効にすると、少なくともリポジトリへの書き込み権限を持つユーザは、管理者権限を持つブランチを含め、ブランチをフォースプッシュできます。

フォースプッシュを有効化しても、他のブランチ保護ルールは上書きされません。 たとえば、ブランチに直線状のコミット履歴が必要な場合、そのブランチにマージコミットをフォースプッシュすることはできません。

リポジトリ中の一部あるいはすべてのブランチに対して、保護されたブランチの設定を自動的に強制できます。 詳しい情報については保護されたブランチの設定を参照してください。

フォースプッシュの有効化

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のメニューでBranches(ブランチ)をクリックしてください。
    リポジトリオプションのサブメニュー
  4. "Branch protection rules(ブランチ保護のルール)"の隣のAdd rule.(ルールの追加)をクリックしてください。
    ブランチ保護のルールの追加ボタン
  5. "Branch name pattern(ブランチ名のパターン)"の下で、保護したいブランチの名前もしくはパターンを入力してください。
    ブランチルールのフィールド
  6. [Rules applied to everyone including administrators] で、 [Allow force pushes] を選択します。
    フォースプッシュオプションを許可する
  7. [Create] をクリックします。

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください