ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

リポジトリの GitHub アクションの無効化や制限

リポジトリのオーナーは、特定のリポジトリの GitHub Actions の無効化、有効化、および制限ができます。

リポジトリの GitHub Actions 権限について

デフォルトでは、Enterprise上で有効化されると、GitHub ActionsはすべてのリポジトリとOrganizationで有効になります。 GitHub Actionsを無効化したり、プライベートのアクションのみに制限し、リポジトリ内に存在するアクションだけを使えるようにすることができます。 GitHub Actions の詳細は、「GitHub Actionsについて」を参照してください。

リポジトリで GitHub Actions を有効化できます。 GitHub Actionsを有効化すると、ワークフローはリポジトリ内と、その他の任意のパブリックリポジトリ内のアクションを実行できるようになります。 リポジトリの GitHub Actions を完全に無効化することができます。 GitHub Actionsを無効化すると、リポジトリでワークフローが実行されなくなります。

または、リポジトリで GitHub Actions を有効化して、ワークフローで実行できるアクションを制限することもできます。 ローカルアクションのみを有効化した場合、ワークフローはリポジトリ、Organization、Enterprise内のアクションだけを実行できるようになります。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡