Skip to main content

GitHub AE のデプロイ

GitHub AE を利用できる Azure リージョンにデプロイできます。

GitHub AE のデプロイについて

GitHub AEを使うと、厳格なセキュリティ及びコンプライアンス要件を満たしながら、DevOpsワークロードをクラウドに移行できます。 詳細については、「GitHub AE について」を参照してください。

GitHub AE の試用版を購入または開始した後、利用可能な Azure リージョンに GitHub AE をデプロイできます。 このガイドでは、GitHub AE アカウントとして GitHub AE のデプロイを含む Azure リソースについて説明します。 https://portal.azure.com の Azure portal を使用して、GitHub AE アカウントをデプロイします。

前提条件

Azure でリソース プロバイダーの /register/action 操作を実行するためのアクセス許可が必要です。 アクセス許可は、Contributor および Owner ロールに含まれています。 詳細については、Microsoft のドキュメントの「Azure リソース プロバイダーと種類」を参照してください。

Azure portal を使用した GitHub AE のデプロイ

Azure portal を使用すると、Azure リソース グループに GitHub AE アカウントをデプロイできます。

  1. 次の 2 つのリンクのいずれかをクリックして、GitHub AE のデプロイを開始します。 クリックする必要があるリンクは、GitHub AE をデプロイする予定の Azure クラウドによって異なります。 Azure Government の詳細については、Microsoft ドキュメントの「Azure Government とは」を参照してください。

  2. 新しい GitHub AE アカウントを追加するプロセスを開始するには、 [GitHub AE アカウントの作成] をクリックします。

  3. [プロジェクトの詳細] フィールドと [インスタンスの詳細] フィールドに入力します。 Azure portal 検索結果

    • アカウント名: エンタープライズのホスト名
    • 管理者のユーザー名: GitHub AE に作成される初期エンタープライズ所有者のユーザー名
    • 管理者のメール: ログイン情報を受け取るメール アドレス
  4. 提案された変更の概要を確認するには、 [確認と作成] をクリックします。

  5. 検証プロセスが完了したら、 [作成] をクリックします。

上記で入力したメール アドレスには、エンタープライズへのアクセス方法に関する手順が記載されています。 アクセス権を取得したら、初期セットアップ手順に従って作業を開始できます。 詳細については、「GitHub AE の初期化」を参照してください。

注意: GitHub AE デプロイ用のソフトウェア更新プログラムは、GitHub によって実行されます。 詳細については、「新しいリリースへのアップグレードについて」を参照してください。

Azure portal を使用して、GitHub AE デプロイに移動できます。 結果の一覧には、Azure リージョン内のすべての GitHub AE デプロイが含まれます。

  1. Azure portal の左側のパネルで、 [すべてのリソース] をクリックします。
  2. 使用可能なフィルターから [すべての種類] をクリックし、 [すべて選択] の選択を解除し、 [GitHub AE] を選択します。Azure portal の検索結果

次のステップ

  • デプロイがプロビジョニングされたら、次の手順として GitHub AE を初期化します。 詳細については、「GitHub AE の初期化」を参照してください。
  • GitHub AE を試している場合、GitHub の営業チーム に問い合わせて、使用期間中はいつでもフル ライセンスにアップグレードできます。 試用期間の最終日までにアップグレードしていない場合、デプロイは自動的に削除されます。 GitHub AE を評価するための時間がさらに必要な場合は、GitHub の営業チーム に連絡して延長をリクエストしてください。

参考資料