ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

Using AE hosted runners in a workflow

You can use labels to send jobs to a pool of AEホストランナーs.

ノート: GitHub Actionsは現在GitHub AEでベータです。

Using AEホストランナーs in a workflow

Labels allow you to send workflow jobs to any AEホストランナー that includes that label. You can use the default labels, and you can create your own custom labels.

デフォルトラベルを使ったジョブの転送

An AEホストランナー receives a label when it is added to GitHub Actions. The label is used to indicate where it was assigned.

You can use your workflow's YAML to send jobs to a specific AEホストランナー pool. This example demonstrates how to configure a workflow to run on a label called AE-runner-for-CI:

runs-on: [AE-runner-for-CI]

詳細については、「GitHub Actionsのワークフロー構文」を参照してください。

カスタムラベルを使ったジョブの転送

You can create custom labels and assign them to your AEホストランナーs at any time. Custom labels let you send jobs to particular types of runners, based on how they're labeled.

For example, if you have a job that requires a specific software package, you can create a custom label called octocat and assign it to the runners that have the package installed. An AEホストランナー that matches all the assigned labels will then be eligible to run the job.

This example shows a job that uses multiple labels:

runs-on: [AE-runner-for-CI, octocat, linux]

These labels operate cumulatively, so an AEホストランナー's labels must match all of them for it to be eligible to process the job.

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡