ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

Adding self-hosted runners

You can add a self-hosted runner to a repository, an organization, or an enterprise.

Warning: Self-hosted runners are currently disabled for GitHub AE. これは、GitHub AEがセルフホストランナーの動作と互換性のないセキュリティ境界を保証しているためです。 ただし、GitHub AEでセルフホストランナーを使う必要があり、セキュリティへの影響を理解しているなら、セルフホストランナーを有効化するセキュリティ例外についてGitHubサポートに連絡できます。

セルフホストランナーが必要ないなら、ワークフローの実行にはが利用できます。 詳しい情報については「について」を参照してください。

ノート: GitHub Actionsは現在GitHub AEでベータです。

You can add a self-hosted runner to a repository, an organization, or an enterprise.

If you are an organization or enterprise administrator, you might want to add your self-hosted runners at the organization or enterprise level. This approach makes the runner available to multiple repositories in your organization or enterprise, and also lets you to manage your runners in one place.

For information on supported operating systems for self-hosted runners, or using self-hosted runners with a proxy server, see "About self-hosted runners."

Adding a self-hosted runner to a repository

You can add self-hosted runners to a single repository. To add a self-hosted runner to a user repository, you must be the repository owner. For an organization repository, you must be an organization owner or have admin access to the repository. For information about how to add a self-hosted runner with the REST API, see "Self-hosted runners."

  1. your enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン

  3. 左のサイドバーで、Actionsをクリックしてください。

  4. Under "Runners", click Add runner.

  5. Select the operating system image and architecture of your self-hosted runner machine.

  6. ランナーアプリケーションをダウンロードして、使用するセルフホストランナーのマシンにインストールする方法が表示されます。

    セルフホストランナーのマシンでシェルを開き、表示順に従ってシェルコマンドを実行してください。

    ノート: Windowsでは、セルフホストランナーアプリケーションをサービスとしてインストールしたいのなら、シェルを管理者権限でオープンしなければなりません。 また、C:\actions-runnerをセルフホストランナーアプリケーションのためのディレクトリとして利用し、Windowsのシステムアカウントがランナーディレクトリにアクセスできるようにすることをおすすめします。

    この指示に従えば、以下のタスクが完了します。

    • セルフホストランナーアプリケーションのダウンロードと展開。
    • configスクリプトを実行してセルフホストランナーアプリケーションを設定し、GitHub Actionsに登録します。 configスクリプトには、登録先のURLと、リクエストを認証してもらうための自動的に生成された時間限定のあるトークンが必要です。
      • Windowsでは、configスクリプトはセルフホストランナーをサービスとしてインストールするかも聞いてきます。 LinuxとmacOSでは、ランナーの追加を終えた後にサービスをインストールできます。 詳しい情報については「サービスとしてセルフホストランナーを構成する」を参照してください。
    • セルフホストランナーアプリケーションを実行して、マシンをGitHub Actionsに接続します。

セルフホストランナーの追加に成功したことの確認

After completing the steps to add a self-hosted runner, the runner and its status are now listed under "Self-hosted runners".

ジョブをランナーが受け付けるためには、セルフホストランナーアプリケーションが動作していなければなりません。 ランナーアプリケーションがGitHub AEに接続してジョブの受信準備ができたなら、以下のメッセージがマシンのターミナルに表示されます。

√ Connected to GitHub

2019-10-24 05:45:56Z: Listening for Jobs

詳しい情報については「セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング」を参照してください。

Adding a self-hosted runner to an organization

You can add self-hosted runners at the organization level, where they can be used to process jobs for multiple repositories in an organization. To add a self-hosted runner to an organization, you must be an organization owner. For information about how to add a self-hosted runner with the REST API, see "Self-hosted runners."

  1. your enterpriseで、Organizationのメインページにアクセスしてください。

  2. Organization 名の下で、クリックします Settings.

    Organizationの設定ボタン

  3. 左のサイドバーで、Actionsをクリックしてください。

  4. Under "Runners", click Add runner.

  5. Select the operating system image and architecture of your self-hosted runner machine.

  6. ランナーアプリケーションをダウンロードして、使用するセルフホストランナーのマシンにインストールする方法が表示されます。

    セルフホストランナーのマシンでシェルを開き、表示順に従ってシェルコマンドを実行してください。

    ノート: Windowsでは、セルフホストランナーアプリケーションをサービスとしてインストールしたいのなら、シェルを管理者権限でオープンしなければなりません。 また、C:\actions-runnerをセルフホストランナーアプリケーションのためのディレクトリとして利用し、Windowsのシステムアカウントがランナーディレクトリにアクセスできるようにすることをおすすめします。

    この指示に従えば、以下のタスクが完了します。

    • セルフホストランナーアプリケーションのダウンロードと展開。
    • configスクリプトを実行してセルフホストランナーアプリケーションを設定し、GitHub Actionsに登録します。 configスクリプトには、登録先のURLと、リクエストを認証してもらうための自動的に生成された時間限定のあるトークンが必要です。
      • Windowsでは、configスクリプトはセルフホストランナーをサービスとしてインストールするかも聞いてきます。 LinuxとmacOSでは、ランナーの追加を終えた後にサービスをインストールできます。 詳しい情報については「サービスとしてセルフホストランナーを構成する」を参照してください。
    • セルフホストランナーアプリケーションを実行して、マシンをGitHub Actionsに接続します。

セルフホストランナーの追加に成功したことの確認

After completing the steps to add a self-hosted runner, the runner and its status are now listed under "Self-hosted runners".

ジョブをランナーが受け付けるためには、セルフホストランナーアプリケーションが動作していなければなりません。 ランナーアプリケーションがGitHub AEに接続してジョブの受信準備ができたなら、以下のメッセージがマシンのターミナルに表示されます。

√ Connected to GitHub

2019-10-24 05:45:56Z: Listening for Jobs

詳しい情報については「セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング」を参照してください。

ノート: セキュリティ上の理由から、デフォルトではパブリックリポジトリはランナーグループ内のランナーを使うことはできません。しかし、これはランナーグループの設定で上書きできます。 詳しい情報については、「グループを使用したセルフホストランナーへのアクセスを管理する」を参照してください。

Adding a self-hosted runner to an enterprise

You can add self-hosted runners to an enterprise, where they can be assigned to multiple organizations. The organization admins are then able to control which repositories can use it.

New runners are assigned to the default group. You can modify the runner's group after you've registered the runner. For more information, see "Managing access to self-hosted runners."

To add a self-hosted runner at the enterprise level of your enterprise, you must be a site administrator.

  1. GitHub AEの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。 GitHub AEのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  3. " Policies(ポリシー)"の下で、Actionsをクリックしてください。

  4. Self-hosted runners(セルフホストランナー)タブをクリックしてください。

  5. Click Add new, then click New runner.

  6. Select the operating system image and architecture of your self-hosted runner machine.

  7. ランナーアプリケーションをダウンロードして、使用するセルフホストランナーのマシンにインストールする方法が表示されます。

    セルフホストランナーのマシンでシェルを開き、表示順に従ってシェルコマンドを実行してください。

    ノート: Windowsでは、セルフホストランナーアプリケーションをサービスとしてインストールしたいのなら、シェルを管理者権限でオープンしなければなりません。 また、C:\actions-runnerをセルフホストランナーアプリケーションのためのディレクトリとして利用し、Windowsのシステムアカウントがランナーディレクトリにアクセスできるようにすることをおすすめします。

    この指示に従えば、以下のタスクが完了します。

    • セルフホストランナーアプリケーションのダウンロードと展開。
    • configスクリプトを実行してセルフホストランナーアプリケーションを設定し、GitHub Actionsに登録します。 configスクリプトには、登録先のURLと、リクエストを認証してもらうための自動的に生成された時間限定のあるトークンが必要です。
      • Windowsでは、configスクリプトはセルフホストランナーをサービスとしてインストールするかも聞いてきます。 LinuxとmacOSでは、ランナーの追加を終えた後にサービスをインストールできます。 詳しい情報については「サービスとしてセルフホストランナーを構成する」を参照してください。
    • セルフホストランナーアプリケーションを実行して、マシンをGitHub Actionsに接続します。

セルフホストランナーの追加に成功したことの確認

After completing the steps to add a self-hosted runner, the runner and its status are now listed under "Self-hosted runners".

ジョブをランナーが受け付けるためには、セルフホストランナーアプリケーションが動作していなければなりません。 ランナーアプリケーションがGitHub AEに接続してジョブの受信準備ができたなら、以下のメッセージがマシンのターミナルに表示されます。

√ Connected to GitHub

2019-10-24 05:45:56Z: Listening for Jobs

詳しい情報については「セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング」を参照してください。

ノート: セキュリティ上の理由から、デフォルトではパブリックリポジトリはランナーグループ内のランナーを使うことはできません。しかし、これはランナーグループの設定で上書きできます。 詳しい情報については、「グループを使用したセルフホストランナーへのアクセスを管理する」を参照してください。

Making enterprise runners available to repositories

By default, runners in an enterprise's "Default" self-hosted runner group are available to all organizations in the enterprise, but are not available to all repositories in each organization.

To make an enterprise-level self-hosted runner group available to an organization repository, you might need to change the organization's inherited settings for the runner group to make the runner available to repositories in the organization.

For more information on changing runner group access settings, see "Managing access to self-hosted runners using groups."

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?