Skip to main content

個人アカウントのデータのアーカイブをリクエストする

GitHub が個人アカウントに関して保存するメタデータをエクスポートしてレビューできます。

GitHub は、個人アカウントの活動からリポジトリとプロファイルのメタデータを保存します。 個人アカウントのデータは、GitHub.com での設定または User Migration API によりエクスポートできます。

エクスポート用に利用できるデータ GitHub ストアの詳細については、「ユーザー移行アーカイブのダウンロード」および「GitHub でのデータの使用について」を参照してください。

GitHub.com での設定を使用して個人データのエクスポートを要求する場合は、GitHub によって、tar.gz ファイル内の個人データがパッケージ化され、ダウンロード リンクを記載したメールがプライマリ メール アドレス宛てに送信されます。

デフォルトでは、ダウンロードリンクは 7 日後に期限切れになります。 ダウンロードリンクが期限切れになる前ならばいつでも、ユーザ設定からリンクを無効にすることができます。 詳細については、「個人アカウントのデータのアーカイブへのアクセスを削除する」を参照してください。

お使いのオペレーティング システムに tar.gz ファイルを解凍する機能が用意されていない場合は、サードパーティ製のツールを使用して抽出してください。 詳細については、Opensource.com で、「How to unzip a tar.gz file」 (tar.gz ファイルの解凍方法) を参照してください。

生成された tar.gz ファイルには、データのエクスポートを開始したときに保存されたデータが反映されます。

個人アカウントのデータのアーカイブをダウンロードする

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the left sidebar, click Account.

  3. [アカウント データのエクスポート] で、 [エクスポートの開始] または [新しいエクスポート] をクリックします。 強調表示されている [個人データのエクスポートの開始] ボタン 強調表示されている [新しい個人データのエクスポート] ボタン

  4. エクスポートをダウンロードする準備が整ったら、GitHub はお使いのプライマリメールアドレスにダウンロード リンクを送信します。

  5. メール内のダウンロードリンクをクリックし、要求されたらパスワードを再入力します。

  6. ダウンロード可能な tar.gz ファイルにリダイレクトされます。

個人アカウントのデータのアーカイブへのアクセスを削除する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the left sidebar, click Account.

  3. メールで届いたダウンロード リンクを有効期限が切れる前に無効にするには、[アカウント データのエクスポート] で、無効にするデータ エクスポートのダウンロードを見つけて、 [削除] をクリックします。 強調表示されている [個人データのエクスポート パッケージの削除] ボタン