Skip to main content

インテグレーションについて

インテグレーションは、ワークフローを補い、拡張するためにGitHubと接続されるツールとサービスです。

インテグレーションは、個人アカウントおよび自分が所有する Organization にインストールできます。 また、自分が管理者アクセス許可を持っているか、自分の組織が所有している特定のリポジトリに、サードパーティー製の GitHub Apps をインストールすることもできます。

GitHub Apps と OAuth Apps の違い

統合には、GitHub Apps、OAuth Apps、または GitHub API または Webhook を利用するものがあります。

GitHub Apps は、詳細なアクセス許可を提供し、アプリに必要なものにのみアクセスを要求します。 GitHub Apps には、アプリがインストールされたとき、またはインテグレーターがアプリによって要求されたアクセス許可を変更したときに、各ユーザーが個別に承認する必要がある特定のユーザー レベルのアクセス許可も提供されます。

詳細については、次を参照してください。

インテグレーターあるいはアプリケーションの作者が GitHub App マニフェストフローでアプリケーションを作成している場合、事前設定された GitHub App をインストールできます。 自動化された設定で GitHub App を動作させる方法に関する詳しい情報については、インテグレーターもしくはアプリケーションの作者に問い合わせてください。

Probot でアプリケーションをビルドしたなら、単純化された設定で GitHub App を作成できます。 詳細については、「Probot docs (Probot のドキュメント)」サイトを参照してください。

GitHub Marketplaceでインテグレーションを見つける

GitHub Marketplaceでは、インストールするインテグレーションを見つけたり、独自のインテグレーションを公開したりできます。

GitHub Marketplace には GitHub Apps と OAuth Apps が含まれます。 統合の検索または独自の統合の作成の詳細については、「GitHub Marketplace について」を参照してください。

インテグレータから直接購入したインテグレーション

インテグレーターから直接購入できるインテグレーションもあります。 Organization のメンバーとして、使いたい GitHub App を見つけた場合は、Organization の承認をリクエストして、そのアプリケーションを Organization にインストールできます。

アプリがインストールされているすべての組織所有リポジトリに対する管理者アクセス許可がある場合は、組織の所有者にアプリの承認を求めることなく、リポジトリ レベルの権限で GitHub Apps をインストールできます。 インテグレーターがアプリケーションの権限を変更した場合、その権限がリポジトリ専用であれば、Organization のオーナーとアプリケーションがインストールされているリポジトリへの管理者権限を持っている人は、新しい権限をレビューして受諾することができます。