ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub ActionsでのGitHub Packagesの利用

GitHub Actionsでのワークフローを、自動的にパッケージをGitHub Packagesに公開もしくはGitHub Packagesからインストールするように設定できます。

GitHub Packages is available with GitHub Free, GitHub Pro, GitHub Free for organizations, GitHub Team, GitHub Enterprise Cloud, GitHub Enterprise Server 2.22, and GitHub One.


GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 GitHub PackagesはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

GitHub ActionsとのGitHub Packagesについて

GitHub Actionsは、コードを保存するのと同じ場所でソフトウェア開発のワークフローを自動化し、プルリクエストやIssueで協力することを支援します。 個々のタスクを書き、アクションを呼び出し、それらを組み合わせてカスタムのワークフローを作成できます。 GitHub Actions では、エンドツーエンドの継続的インテグレーション (CI) と継続的デプロイメント (CD) 機能をリポジトリに直接ビルドすることができます。 詳しい情報については「GitHub Actionsについて」を参照してください。

ワークフローの一部としてパッケージの公開やインストールを行うことで、リポジトリのCI及びCDの機能を拡張できます。

GitHub Container Registry への認証を行う

Note: GitHub Container Registry is currently in public beta and subject to change. Currently, GitHub Container Registry only supports Docker image formats. During the beta, storage and bandwidth is free. 詳しい情報については「GitHub Container Registryについて」を参照してください。

GitHub Packagesの認証をうけるのに個人アクセストークンを使う代わりに、GitHub Actionsを有効化した際にリポジトリ用に自動的にGitHubが作成するGITHUB_TOKENを使ってください。 For an authentication example, see "Authenticating with the container registry."

Authenticating to package registries on GitHub

If you want your workflow to authenticate to GitHub Packages to access a package registry other than the container registry on GitHub, then we recommend using the GITHUB_TOKEN that GitHub automatically creates for your repository when you enable GitHub Actions instead of a personal access token for authentication. このGITHUB_TOKENは、現在のリポジトリに対するread:packages及びwrite:packagesスコープを持ちます。 フォークの場合、このトークンは親のリポジトリへのread:packagesスコープも持ちます。

{{secrets.GITHUB_TOKEN}}コンテキストを使って、ワークフロー中でこのGITHUB_TOKENを参照できます。 詳しい情報については「GITHUB_TOKENでの認証」を参照してください。

アクションを使ったパッケージの公開

GitHub Actionsを使い、継続的インテグレーション(CI)ワークフローの一部としてパッケージを公開できます。 たとえば、開発者がデフォルトブランチにコードを公開するたびにワークフローでCIテストが実行されるようにワークフローを構成することができます。 それらのテストをパスすれば、ワークフローは新しいパッケージバージョンをGitHub Packagesに公開します。 このワークフローは、コードが品質基準を満たしている場合にのみ新しいパッケージバージョンの作成を自動化します、

パッケージのクライアントによって、設定のステップは様々です。 GitHub Actionsのワークフローの設定に関する一般的な情報については、「ワークフローの設定」を参照してください。

アクションを使ったパッケージのインストール

GitHub Actionsを使い、CIフローの一部としてパッケージをインストールできます。 たとえば、開発者がコードをプルリクエストにプッシュすると、いつでもワークフローがGitHub Packagesによってホストされているパッケージをダウンロードしてインストールすることで、依存関係を解決するようにワークフローを設定できます。 そして、ワークフローはその依存関係を必要とするCIテストを実行できます。

GitHub Actionsを通じてGitHub Packagesがホストしているパッケージをインストールするには、GITHUB_TOKENを使う事によって最小限の設定もしくは追加の認証が必要です。 アクションがパッケージをインストールする場合、データ転送も無料です。 詳しい情報については、「GitHub Packagesの支払いについて」を参照してください。

GITHUB_TOKENは、アクションが実行されるリポジトリ以外のプライベートリポジトリからパッケージをインストールすることはできません。 You cannot currently use GITHUB_TOKEN to authenticate to GitHub Container Registry.

パッケージのクライアントによって、設定のステップは様々です。 GitHub Actionsのワークフローの設定に関する一般的な情報については、「ワークフローの設定」を参照してください。

Did this doc help you?