ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

SAML シングルサインオンでボットおよびサービスアカウントを管理する

SAML シングルサインオンを有効にしている Organization は、ボットおよびサービスアカウントへのアクセスを維持できます。

SAML single sign-on is available with GitHub Enterprise Cloud. 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ボットおよびサービスアカウントへのアクセスを維持するために、Organization の管理者はその Organization に対して SAML シングルサインオンを有効化することはできますが、強制することはできません。 Organization に対して SAML シングルサインオンを強制する必要がある場合は、アイデンティティプロバイダ (IdP) を利用してボットまたはサービスアカウントに外部アイデンティティを作成する方法があります。

注釈: Organization に対して SAML シングルサインオンを強制しておらず、ボットおよびサービスアカウントに対して IdP で外部 ID を設定していない場合、それらは Organization から削除されます。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.