ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization について GitHub Actions を無効化または制限する

Organization のオーナーは Organization の GitHub Actions を無効化、有効化、制限することができます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

GitHub Actions の支払いを管理する GitHubは、macOSランナーのホストにMacStadiumを使用しています。

Organization の GitHub Actions 権限について

By default, GitHub Actions is enabled on all repositories and organizations. You can choose to disable GitHub Actions or limit them to private actions only, which means that people can only use actions that exist in your repository. GitHub Actions の詳細は、「GitHub Actionsについて」を参照してください。

Organization のすべてのリポジトリについて GitHub Actions を有効化することができます。 GitHub Actionsを有効化すると、ワークフローはリポジトリ内と、その他の任意のパブリックリポジトリ内のアクションを実行できるようになります。 Organization のすべてのリポジトリについて 、GitHub Actions を無効化できます。 GitHub Actionsを無効化すると、リポジトリでワークフローが実行されなくなります。

あるいは、Organization のすべてのリポジトリについて GitHub Actions を有効化したうえで、ワークフローで実行できるアクションを制限することができます。 ローカルアクションのみを有効化した場合、ワークフローはリポジトリあるいはOrganization内のアクションだけを実行できるようになります。

Organization の GitHub Actions 権限の管理

Organization のワークフローをすべて無効にすることも、Organization でどのアクションを使用できるかを設定するポリシーを設定することもできます。

If you choose the option to Allow specific actions, there are additional options that you can configure. For more information, see "Allowing specific actions to run."

When you allow local actions only, the policy blocks all access to actions authored by GitHub. For example, the actions/checkout would not be accessible.

注釈: Organizationが、優先ポリシーのある Enterprise アカウントによって管理されている場合、これらの設定を管理できない場合があります。 詳しい情報については、 「Enterprise アカウントで GitHub Actions のポリシーを施行する」を参照してください。

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
    アクションの設定
  5. [Policies] でオプションを選択します。
    Set actions policy for this organization
  6. [Save] をクリックします。

Allowing specific actions to run

When you select the Allow select actions, there are additional options that you need to choose to configure the allowed actions:

  • Allow actions created by GitHub: You can allow all actions created by GitHub to be used by workflows. Actions created by GitHub are located in the actions and github organization. For more information, see the actions and github organizations.

  • Allow Marketplace actions by verified creators: You can allow all GitHub Marketplace actions created by verified creators to be used by workflows. When GitHub has verified the creator of the action as a partner organization, the badge is displayed next to the action in GitHub Marketplace.

  • Allow specified actions: You can restrict workflows to use actions in specific organizations and repositories.

    To restrict access to specific tags or commit SHAs of an action, use the same <OWNER>/<REPO>@<TAG OR SHA> syntax used in the workflow to select the action. For example, actions/javascript-action@v1.0.1 to select a tag or actions/javascript-action@172239021f7ba04fe7327647b213799853a9eb89 to select a SHA. For more information, see "Finding and customizing actions."

    You can use the * wildcard character to match patterns. For example, to allow all actions in organizations that start with space-org, you can specify space-org*/*. To add all actions in repositories that start with octocat, you can use */octocat*@*. For more information about using the * wildcard, see "Workflow syntax for GitHub Actions."

    Note: The Allow specified actions option is only available in public repositories with the GitHub Free, GitHub Pro, GitHub Free for organizations, or GitHub Team plan.

This procedure demonstrates how to add specific actions to the allow list.

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
    アクションの設定
  5. [Policies] で [Allow specific actions] を選択し、必要なアクションをリストに追加します。
    Add actions to allow list
  6. [Save] をクリックします。

プライベートリポジトリのフォークのワークフローを有効にする

If you rely on using forks of your private repositories, you can configure policies that control how users can run workflows on pull_request events. Available to private repositories only, you can configure these policy settings for enterprise accounts, organizations, or repositories. For enterprise accounts, the policies are applied to all repositories in all organizations.

  • Run workflows from fork pull requests - Allows users to run workflows from fork pull requests, using a GITHUB_TOKEN with read-only permission, and with no access to secrets.
  • Send write tokens to workflows from pull requests - Allows pull requests from forks to use a GITHUB_TOKEN with write permission.
  • Send secrets to workflows from pull requests - Makes all secrets available to the pull request.

Organization のプライベートフォークポリシーを設定する

  1. GitHubの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
    アクションの設定
  5. Under Fork pull request workflows, select your options. 例:
    このリポジトリのアクションを有効化、無効化、または制限する
  6. Click Save to apply the settings.

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.