ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

アイデンティティプロバイダが利用できない場合の Organization へのアクセス

アイデンティティプロバイダが利用できない場合でも、Organization の管理者はシングルサインオンをバイパスし、リカバリコードを利用して GitHubにサインインできます。

SAMLシングルサインオンはGitHub Enterprise Cloudで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

Organization の管理者は、シングルサインオンをバイパスするために、ダウンロード済み、あるいは保存済みのリカバリコードのいずれかを利用できます。 そうしたリカバリコードを、すでに LastPass1Password Keeper などのパスワードマネージャーに保存しているかもしれません。

メモ: リカバリコードは一度しか使えず、順番に使わなければなりません。 リカバリコードにより、アクセスが 24 時間許可されます。

  1. シングルサインオンをバイパスするには、シングルサインオンダイアログの下部で、[Use a recovery code] をクリックします。
    リカバリコードを入力するためのリンク
  2. [Recovery Code] フィールドにリカバリコードを入力します。
    リカバリコードを入力するフィールド
  3. [Verify] をクリックします。
    リカバリコードを検証するボタン

一度使用したリカバリコードは二度と使用できないということを覚えておいてください。 リカバリコードは再利用できません。

参考リンク

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.