ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

codespace で開発する

GitHub で codespace を開き、Visual Studio Code の機能を使用して開発できます。

ユーザは、自分のユーザアカウントで所有している codespace で開発することができます。

Codespacesは、GitHub FreeもしくはGitHub Proを使っているユーザアカウントで利用できます。 For more information, see "GitHub's products."

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

注釈: Codespaces は現在限定パブリックベータであり、変更されることがあります。 ベータ期間中、GitHubはCodespacesの可用性について保証しません。 ベータへの参加に関する詳しい情報については「Codespacesについて」を参照してください。

You can edit code, debug, and use Git commands while developing in a codespace with Visual Studio Code. 詳しい情報についてはVisual Studio Codeのドキュメンテーションを参照してください。

Codespacesでの最善の体験のためには、Google ChromeあるいはMicrosoft EdgeのようなChromiumベースのブラウザを使うことをおすすめします。 詳しい情報については、「codespace のトラブルシューティング」を参照してください。

Connecting to a codespace from Visual Studio Code

Visual Studio Codeから直接codespaceに接続できます。 For more information, see "Using Codespaces in Visual Studio Code."

  1. 任意のページの上部でCodespacesをクリックしてください。
    ヘッダのCodespacesリンク
  2. 開発する codespace の名前をクリックします。
    codespace の名前

Forwarding ports

Port forwarding gives you access to TCP ports running within your codespace. For example, if you're running a web application on port 3000, you can access the application from your browser to test and debug it.

When an application running inside a codespace outputs a port to the console, Codespaces detects the localhost URL pattern and automatically forwards those ports. You can click on the URL in the terminal to open it in a browser. For example, if an application outputs http://127.0.0.1:3000 or http://localhost:3000 to the console, the log would automatically convert the output to a clickable URL for port 3000.

Automatic Port Forwarding

Alternatively, you can also use any of the following ways to forward a port.

  • You can forward a port on demand by triggering the command palette (shift command P / shift control P) and typing "Codespaces: Forward Port". You can then enter the number of the port you want to forward.

    Command Palette Port Forwarding

  • You can automatically configure forwarded ports in a .devcontainer.json file using the forwardPorts property.

  • You can add or remove forwarded ports within the Remote Explorer extension. From the Remote Explorer you can copy and paste the URLs for forwarded ports, allowing you to access them through your browser.

    Remote Explorer Port Forwarding

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.