ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

codespace について

Codespaces は、GitHub がホストし、Visual Studio Code が提供するオンライン開発環境で、完全にクラウド上で開発を行うことができます。

Codespacesは、GitHub FreeもしくはGitHub Proを使っているユーザアカウントで利用できます。 For more information, see "GitHub's products."

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

注釈: Codespaces は現在限定パブリックベータであり、変更されることがあります。 ベータ期間中、GitHubはCodespacesの可用性について保証しません。 ベータへの参加についての詳細は、「ベータへの参加」を参照してください。

Codespaces について

Codespaces is a cloud development environment available in your browser. codespace には、構文の強調表示とオートコンプリートを備えたテキストエディタ、ターミナル、デバッグツール、Git コマンドなど、特定のリポジトリ向けに開発する必要があるすべてのものが GitHub 内に含まれています。 codespace に Visual Studio Code 拡張機能をインストールして、機能を追加することもできます。

Codespaces を使用すると、開発者は簡単に新しい会社へ参加したり、オープンソースプロジェクトへ貢献したりすることができます。 プロジェクトメンテナはリポジトリを設定できるため、リポジトリの codespace を作成すると、プロジェクトの依存関係が自動的に含まれます。 環境設定に費やす時間を削減することで、コーディングをより素早く開始できます。

Codespaces では、ローカルではなくクラウドで開発できます。 開発者は、タブレットや Chromebook など、あらゆるマシンでどこからでも貢献でき、知的財産のローカルコピーを保持する必要はありません。

codespace(オープン)

Codespacesを使用する

各開発者は、任意のパブリックリポジトリ、またはユーザアカウントが所有する任意のプライベートリポジトリに対して 1 つ以上の codespace を作成できます。 ベータの期間、Organizationが所有するプライベートリポジトリ、あるいはSAMLシングルサインオンを必要とするOrganizationが所有するリポジトリはサポートされません。 各コードスペースは、作成者だけが利用できます。 他者のcodespaceで作業することはできません。

各codespaceはリポジトリの特定ブランチと関連づけられます。 リポジトリごと、さらにはブランチごとに1つ以上のcodespaceを作成できます。 However, each user account has a two-codespace limit during limited public beta. この制限に達した場合に新しいcodespaceを作成したいなら、まずcodespaceを削除しなければなりません。詳しい情報については、「codespace を削除する」を参照してください。

You can edit code, debug, and use Git commands while developing in a codespace with Visual Studio Code. 詳しい情報についてはVisual Studio Codeのドキュメンテーションを参照してください。

Visual Studio Codeから直接codespaceに接続できます。 For more information, see "Using Codespaces in Visual Studio Code."

リポジトリのデフォルトのcodespace設定を作成し、そのリポジトリで作成されたすべての新しいcodespaceの環境を決定できます。 The configuration defines a development container that can include frameworks, tools, extensions, and port forwarding.詳しい情報については、「プロジェクトの Codespaces を設定する」を参照してください。

自分のアカウントで作成したcodespaceについて、codespace環境の様々な側面をパーソナライズすることもできます。 パーソナライズには、シェルの環境設定や追加のツールが含まれます。 詳しい情報については、「アカウントの Codespaces をパーソナライズする」を参照してください。

github.com/codespacesで、自分のユーザアカウントが所有しているすべてのcodespaceを見ることができます。

ベータの期間中、機能は制限されています。

  • Codespacesでの最善の体験のためには、Google ChromeあるいはMicrosoft EdgeのようなChromiumベースのブラウザを使うことをおすすめします。
  • codespaceのサイズは1つだけしか利用できません。
  • Linuxコンテナのみサポートされています。
  • codespaceは完全に再開可能ではありません。 codespaceが停止された時に実行中だったプロセスは、再開されません。

Codespacesの支払いについて

Codespaces is free to use during the beta. When Codespaces becomes generally available, you will be billed for storage and compute usage. 詳細は「Codespaces の支払いについて」を参照してください。

ベータに参加する

限られたユーザのみがベータ参加のために招待されます。 待ちリストに参加するには、「Codespaces ベータのサインアップ」を参照してください。

Codespaces について問い合わせる

Codespaces の使用時に問題が発生した場合は、「codespace のトラブルシューティング」を参照してください。

さらにサポートをご希望の場合、または Codespaces に関するフィードバックがある場合は、コミュニティフォーラムをご使用ください。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.