ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

SAMシングルサインオンで利用するためにSSHキーを認可する

SAML シングルサインオン (SSO) を使う Organization で SSH キーを使うためには、まずそのキーを認可しなければなりません。

既存の SSH キーを認可することも、新しい SSH キーを作成して認可することもできます。 新しい SSH キーの作成に関する詳しい情報については「新しい SSH キーを生成して ssh-agent へ追加する」を参照してください。

メモ: SSH キーの認可が Organization によって取り消された場合、同じキーを再度認可することはできません。 新しい SSH キーを生成して認可する必要があります。 新しい SSH キーの作成に関する詳しい情報については「新しい SSH キーを生成して ssh-agent へ追加する」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. ユーザ設定サイドバーでSSH and GPG keys(SSH及びGPGキー)をクリックしてください。
    認証キー
  3. 認可したい SSH キーの隣の [Enable SSO] (SSO を有効化) または [Disable SSO] (SSOを無効化) をクリックします。
    SSO トークン認可ボタン
  4. SSH キーを認可する Organization を見つけます。
  5. Click Authorize.
    トークン認可ボタン

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.