ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リストに対する価格プランの設定

アプリケーションをGitHub Marketplace上でリストする際に、アプリケーションを無料のサービスとして提供するか、アプリケーションを販売するかを選択できます。 アプリケーションを販売することを計画するなら、様々な機能レベルに対して異なる価格プランを作成できます。

ここには以下の内容があります:

価格プランの作成

GitHub Marketplaceが提供する価格プランの種類について学ぶには、「GitHub Marketplaceの価格プラン」を参照してください。 有益な支払いのガイドラインが「アプリケーションの販売」にもあります。

価格プランは、ドラフトまたは公開状態にできます。 GitHub Marketplaceのリストを承認のためにサブミットしていない場合、公開されたリストはアプリケーションが承認され、GitHub Marketplace上でリストされるまではドラフトのリストと同様に機能します。 ドラフトのリストを利用すると、GitHub Marketplaceリストページで利用できるようにすることなく、新しい価格プランを作成して保存できます。 価格プランを公開すると、すぐに顧客が購入できるようになります。 最大で10の価格プランを公開できます。

GitHub Marketplaceリストの価格プランを作成するには、GitHub Marketplaceリストページの左のサイドバーでPlans and pricing(プラント価格)をクリックしてください。 まだGitHub Marketplaceリストを作成していないなら、「ドラフトのGitHub Marketplaceリストの作成」を読んで、作成方法を学んでください。

New draft plan(新規ドラフトプラン)をクリックすると、価格プランをカスタマイズできるフォームが表示されます。 価格プランを作成するには、以下のフィールドを設定しなければなりません。

Plan name(プラン名)

価格プランの名前はGitHub Marketplaceアプリケーションのランディングページに表示されます。 プランのリソース、プランを利用する企業の規模、あるいは好きなもの何にでもあわせて価格プランの名前をカスタマイズできます。

Pricing models(価格モデル)

Free plans(無料プラン)

無料アプリケーションはGitHub Marketplaceで推奨されており、オープンソースサービスを提供するための素晴らしい方法です。 アプリケーションの有料バージョンをGitHub Marketplace外でリストしているなら、アプリケーションをGitHub Marketplaceでリストする際には最低でも1つの有料プランを提供しなければなりません。 無料プランでも、新規購入キャンセルの支払いフローを処理する必要があります。 詳細については「支払いフロー」を参照してください。

Flat-rate plans(定額プラン)

定額プランを使うと、顧客に対して定額でサービスを提供できます。 You can offer your app for free for 14 days as a free trial. Free trials automatically convert to a paid subscription after 14 days, unless the customer cancels before the free trial expires. Select "Enable 14 day free trial for this plan" to offer a free trial.

定額料金では、米ドルで月額及び年額のサブスクリプションに対して 価格を設定しなければなりません。

Per-unit plans(ユニット単位プラン)

ユニット単位での価格を利用すると、ユニットごとにアプリケーションを提供できます。 たとえば、ユニットには人、シート、ユーザが使えます。 ユニットの名前を提供し、月額及び年額のサブスクリプションを米ドルで 設定しなければなりません。

Available for(利用の対象)

GitHub Marketplaceの価格プランは、Personal and organization accounts(個人及びOrganizationのアカウント)Personal accounts only(個人アカウントのみ)Organization accounts only(Organizationアカウントのみ)のいずれかに適用できます。 たとえば、価格プランがユニット単位であり、複数のシートを提供するなら、個人アカウントからOrganization内の人にシートを割り当てる方法はないので、Organization accounts only(Organizationアカウントのみ)が選択できるでしょう。

Short description(短い説明)

価格プランの詳細に関する簡単な概要を書いてください。 この説明には、そのプランが意図している顧客の種類や、プランに含まれるリソースなどが含まれることがあります。

Bullets(箇条書き)

最大で4項目の箇条書きをして、価格プランに関する詳細を含めることができます。 この箇条書きでは、アプリケーションのユースケースを含めたり、プランに含まれるリソースや機能に関するさらなる詳細をリストしたりすることができます。

GitHub Marketplaceリストの価格プランの変更

GitHub Marketplaceプランの価格プランが不要になった場合、あるいは価格の細部を調整する必要が生じた場合、その価格プランを削除できます。

価格プランを削除するボタン

GitHub Marketplaceにリスト済みのアプリケーションの価格プランを公開すると、そのプランは変更できなくなります。 その代わりに、その価格プランを削除しなければなりません。 削除された価格プランを購入済みの顧客は、オプトアウトして新しい価格プランに移行するまでは、そのプランを使い続けます。 価格プランの詳細については、「GitHub Marketplaceの価格プラン」を参照してください。

価格プランを削除すると、ユーザはそのプランを使ってアプリケーションを購入することはできなくなります。 削除されたプランの既存ユーザは、プランのサブスクリプションをキャンセルするまではそのプランに留まり続けます。

ノート: GitHubは、削除された価格プランからユーザを削除することはできません。 削除された価格プランから新しい価格プランへ、アップグレードもしくはダウングレードするようユーザに促すキャンペーンを実行できます。

価格プランを取り下げることなくGitHub Marketplaceの無料トライアルを無効化することはできますが、そうすると将来的にそのプランの無料トライアルを開始できなくなります。 価格プランに対する無料トライアルを無効にすることにした場合、サインアップ済みのユーザは無料トライアルを最後まで利用できます。

価格プランを終了した後には、削除した価格プランと同じ名前で新しい価格プランを作成できます。 たとえば、「Pro」価格プランがあるものの、定額料金を変更する必要がある場合、その「Pro」価格プランを削除し、更新された価格で新しい「Pro」価格プランを作成できます。 ユーザは、すぐに新しい価格プランで購入できるようになります。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.