👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

Enterprise アカウントについて

With GitHub Enterprise Server, you can create an enterprise account to give administrators a single point of visibility and management for their billing and license usage.

ここには以下の内容があります:

About enterprise accounts on GitHub Enterprise Server

An enterprise account allows you to manage multiple GitHub organizations and GitHub Enterprise Server instances. Enterprise アカウントは、GitHub 上の Organization や個人アカウントのようにハンドルを持たなければなりません。 Enterprise 管理者は、以下のような設定やプリファレンスを管理できます:

  • メンバーのアクセスと管理 (Organization のメンバー、外部コラボレーター)
  • Billing and usage (GitHub Enterprise Server instances, user licenses, Git LFS packs)
  • セキュリティ (シングルサインオン、2 要素認証)
  • Requests and support bundle sharing with GitHub Enterprise Support

現在、Enterpriseアカウントはと、請求書での支払いをしているGitHub Enterprise CloudとGitHub Enterprise Serverのお客様が利用できます。 Enterpriseアカウントに接続されているすべてのOrganizationとGitHub Enterprise Serverのインスタンスの請求は、1つの請求書に集約されます。 GitHub Enterprise Cloudサブスクリプションの管理に関する詳しい情報については、「Enterpriseアカウントのサブスクリプションと利用状況の表示」を参照してください。 GitHub Enterprise Serverの支払い設定の管理に関する詳しい情報については、「GitHub Enterpriseの支払いの管理」を参照してください。

For more information about the differences between GitHub Enterprise Cloud and GitHub Enterprise Server, see "GitHub's products." To upgrade to GitHub Enterprise or to get started with an enterprise account, contact GitHubの営業チーム.

Managing GitHub Enterprise Server licenses linked to your enterprise account

GitHub Enterpriseの管理者は、Enterpriseアカウントを使って自分のGitHub Enterprise Serverインスタンス上のユーザライセンスを表示させ、管理できます。 Enterpriseアカウントを使い始めるには、GitHubの営業チームに連絡し、「GitHub Enterpriseライセンスの管理」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください