Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-08-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Azure Kubernetes Service へのデプロイ

継続的デプロイ (CD) ワークフローの一部として、プロジェクトを Azure Kubernetes Service (AKS) にデプロイできます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

はじめに

このガイドでは、GitHub Actions を使用して、プロジェクトを作成し、Azure Kubernetes Service にデプロイする方法について説明します。

: GitHub Actions ワークフローが OpenID Connect (OIDC) をサポートするクラウド プロバイダーのリソースにアクセスする必要がある場合、そのクラウド プロバイダーで直接認証されるようにワークフローを構成できます。 これにより、有効期間の長いシークレットとしてこれらの資格情報の格納を停止し、その他のセキュリティ上の利点を提供できます。 詳しくは、「OpenID Connect を使ったセキュリティ強化について」をご覧ください と「Azure での OpenID Connect の構成」。

前提条件

GitHub Actionsワークフローを作成する前に、まず以下のセットアップのステップを完了しておかなければなりません。

  1. ターゲット AKS クラスターと Azure Container Registry (ACR) を作成します。 詳細については、Azure ドキュメントの「クイック スタート:Azure portal を使用して AKS クラスターをデプロイする - Azure Kubernetes Service」、およびポータルでのレジストリの作成に関するクイックスタート (Azure Container Registry) を参照してください。

  2. Azure 資格情報を格納するための AZURE_CREDENTIALS という名前のシークレットを作成します。 この情報の検索方法とシークレットの構成方法に関する詳細については、Azure/login アクションのドキュメントを参照してください。

ワークフローの作成

必要な環境を整えたら、ワークフローの作成に進むことができます。

次のワークフローの例では、コードがリポジトリにプッシュされる場合に、プロジェクトを作成し、Azure Kubernetes Service にデプロイする方法のデモを行います。

ワークフロー env キーで、次の値を変更します。

  • AZURE_CONTAINER_REGISTRY をコンテナー レジストリの名前に
  • PROJECT_NAME をプロジェクトの名前に
  • RESOURCE_GROUP を AKS クラスターを含むリソース グループに
  • CLUSTER_NAME を AKS クラスターの名前に

このワークフローでは、azure/k8s-bake アクションに、helm レンダリング エンジンを使用します。 helm レンダリング エンジンを使用する場合は、CHART_PATH の値を helm ファイルへのパスに変更します。 CHART_OVERRIDE_PATH をオーバーライド ファイル パスの配列に変更します。 別のレンダリング エンジンを使用する場合は、azure/k8s-bake アクションに送信される入力パラメーターを更新します。

YAML
# このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
# それらはサードパーティによって提供され、
# 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
# ドキュメントを参照してください。

# GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
# 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
# タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。

name: Build and deploy to Azure Kubernetes Service

env:
  AZURE_CONTAINER_REGISTRY: MY_REGISTRY_NAME # set this to the name of your container registry
  PROJECT_NAME: MY_PROJECT_NAME              # set this to your project's name
  RESOURCE_GROUP: MY_RESOURCE_GROUP          # set this to the resource group containing your AKS cluster
  CLUSTER_NAME: MY_CLUSTER_NAME              # set this to the name of your AKS cluster
  REGISTRY_URL: MY_REGISTRY_URL              # set this to the URL of your registry
  # If you bake using helm:
  CHART_PATH: MY_HELM_FILE                   # set this to the path to your helm file
  CHART_OVERRIDE_PATH: MY_OVERRIDE_FILES     # set this to an array of override file paths

on: [push]

jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - uses: actions/checkout@v4

    - name: Azure Login
      uses: azure/login@14a755a4e2fd6dff25794233def4f2cf3f866955
      with:
        creds: ${{ secrets.AZURE_CREDENTIALS }}

    - name: Build image on ACR
      uses: azure/CLI@61bb69d64d613b52663984bf12d6bac8fd7b3cc8
      with:
        azcliversion: 2.29.1
        inlineScript: |
          az configure --defaults acr=${{ env.AZURE_CONTAINER_REGISTRY }}
          az acr build -t  -t ${{ env.REGISTRY_URL }}/${{ env.PROJECT_NAME }}:${{ github.sha }}

    - name: Gets K8s context
      uses: azure/aks-set-context@94ccc775c1997a3fcfbfbce3c459fec87e0ab188
      with:
          creds: ${{ secrets.AZURE_CREDENTIALS }}
          resource-group: ${{ env.RESOURCE_GROUP }}
          cluster-name: ${{ env.CLUSTER_NAME }}
      id: login

    - name: Configure deployment
      uses: azure/k8s-bake@61041e8c2f75c1f01186c8f05fb8b24e1fc507d8
      with:
        renderEngine: 'helm'
        helmChart: ${{ env.CHART_PATH }}
        overrideFiles: ${{ env.CHART_OVERRIDE_PATH }}
        overrides: |
          replicas:2
        helm-version: 'latest'
      id: bake

    - name: Deploys application
      uses: Azure/k8s-deploy@dd4bbd13a5abd2fc9ca8bdcb8aee152bb718fa78
      with:
        manifests: ${{ steps.bake.outputs.manifestsBundle }}
        images: |
          ${{ env.AZURE_CONTAINER_REGISTRY }}.azurecr.io/${{ env.PROJECT_NAME }}:${{ github.sha }}
        imagepullsecrets: |
          ${{ env.PROJECT_NAME }}

その他のリソース

以下のリソースも役に立つでしょう。