リポジトリのアーカイブで Git LFS オブジェクトを管理する

Git Large File Storage(Git LFS)オブジェクトを、GitHub Enterprise Server がリポジトリ用に作成する ZIP ファイルや tarball などのソースコードアーカイブに含めるかどうかを選択できます。

People with admin permissions for a repository can manage whether Git LFS objects are included in archives of the repository.

アーカイブにある Git LFS オブジェクトについて

GitHub Enterprise Server は、ZIP ファイルと tarball 形式でリポジトリのソースコードアーカイブを作成します。 これらのアーカイブは、リポジトリのメインページ、またはリリースアセットとしてダウンロードできます。 デフォルトでは、Git LFS オブジェクトはこれらのアーカイブに含まれず、これらのオブジェクトへのポインタファイルのみが含まれます。 代わりに Git LFS オブジェクトを含めて、リポジトリのアーカイブを使いやすくすることもできます。

アーカイブにある Git LFS オブジェクトを管理する

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. [Archives] で、[Include Git LFS objects in archives] を選択または選択解除します。 アーカイブにある Git LFS オブジェクトを含めるチェックボックス

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡