リポジトリ内の GitHub Actions アーティファクトとログの保持期間を設定する

リポジトリ内の GitHub Actions アーティファクトとログの保持期間を設定できます。

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 この保持の期間は、リポジトリの種類によって調整できます。

  • パブリックリポジトリの場合: この保持時間を1日から90日の間で変更できます。
  • プライベート、インターナル、GitHub Enterpriseリポジトリの場合: この保持期間を1日から400日の間で変更できます。

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

ワークフローによって作成された特定のアーティファクトのカスタム保存期間を定義することもできます。 詳しい情報については、「アーティファクトの保持期間を設定する」を参照してください。

リポジトリの保持期間を設定する

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
  4. Artifact and log retention duration(成果物とログの保持期間)の下で、新しい値を入力してください。
  5. Save(保存)をクリックして、変更を適用してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡