ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ステージング環境を使用する

GitHub Actions を GitHub Enterprise Server ステージング環境で使用する方法について説明します。

your GitHub Enterprise Server instance のステージング環境またはテスト環境があると便利な場合があります。これにより、更新または新機能を本番環境に実装する前にテストできます。

ステージング環境を作成する一般的な方法は、本番インスタンスのバックアップを使用して、それをステージング環境に復元することです。

GitHub Actions が有効になっている GitHub Enterprise Server ステージング環境をセットアップする場合、GitHub Actions ストレージには本番環境が使用するものとは異なる外部ストレージ設定を使用する必要があります。 それ以外の場合、ステージング環境は本番環境と同じ外部ストレージに書き込まれます。

既存の GitHub Actions ワークフロー実行からログまたはアーティファクトを表示しようとすると、ステージング環境で 404 エラーが発生することが予想されます。これは、そのデータがステージングストレージの場所から消失するためです。

GitHub Actions がステージング環境で機能する必要はありませんが、必要に応じて、ファイルを本番ストレージの場所からステージングストレージの場所にコピーできます。

  • Azure ストレージアカウントの場合、azcopy を使用できます。 例:

    azcopy copy 'https://SOURCE-STORAGE-ACCOUNT-NAME.blob.core.windows.net/SAS-TOKEN' 'https://DESTINATION-STORAGE-ACCOUNT-NAME.blob.core.windows.net/' --recursive
  • Amazon S3 バケットの場合、aws s3 sync を使用できます。 例:

    aws s3 sync s3://SOURCE-BUCKET s3://DESTINATION-BUCKET

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.