ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

パッケージのサードパーティストレージを設定する

GitHub Packages が Enterprise のパッケージを保存するために使用するサードパーティサービスを設定できます。

ここには以下の内容があります:

Note: GitHub Packages is currently in beta for GitHub Enterprise Server 2.22. To join the beta for your instance, use the sign-up form.

GitHub Packages のサードパーティストレージについて

GitHub Enterprise Server 上の GitHub Packages は、外部の blob ストレージを使用してパッケージを保存します。 必要なストレージ容量は、GitHub Packages の使用状況によって異なります。

現時点では、GitHub Packages は Amazon Web Services (AWS) S3 で blob ストレージをサポートしています。 MinIO もサポートされていますが、設定は現在 GitHub Enterprise Server インタフェースに実装されていません。 You can use MinIO for storage by following the instructions for AWS S3, entering the analogous information for your MinIO configuration. Before configuring third-party storage for GitHub Packages on GitHub, you must set up a bucket with your third-party storage provider. For more information on installing and running a MinIO bucket to use with GitHub Packages, see the "Quickstart for configuring MinIO storage."

最適なエクスペリエンスを得るには、GitHub Actions のストレージに使用するバケットとは別に、GitHub Packages }専用のバケットを使用することをお勧めします。

GitHub Packages のストレージとしての AWS S3 を設定する

警告:

  • It's critical you set the restrictive access policies you want for your storage bucket because GitHub does not apply specific object permissions or additional access control lists (ACLs) to your storage bucket configuration. For example, if you make your bucket public, data in the bucket will be accessible on the public internet. For more information, see Setting bucket and object access permissions in the AWS Documentation.
  • We recommend using a dedicated bucket for GitHub Packages, separate from the bucket you use for GitHub Actions storage.
  • Make sure to configure the bucket you'll want to use in the future. GitHub Packages の使用開始後にストレージを変更することはお勧めしません。

AWS を GitHub Packages のストレージとして設定する前に、AWS アクセスキー ID とシークレットに次のアクセス許可があることを確認してください。

  • s3:PutObject
  • s3:GetObject
  • s3:ListBucketMultipartUploads
  • s3:ListMultipartUploadParts
  • s3:AbortMultipartUpload
  • s3:DeleteObject
  • s3:ListBucket
  1. From an administrative account on GitHub Enterprise Server, click in the upper-right corner of any page.
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. In the left sidebar, click Packages.
    Packages tab in management console sidebar
  4. [AWS Service URL] で、バケットのリージョンの S3 エンドポイント URL を入力します。
    [AWS Service URL] フィールド
  5. [AWS S3 Bucket] で、パッケージアーティファクトの保存に使用する S3 バケットの名前を入力します。
    [AWS S3 Bucket] フィールド
  6. [AWS S3 Access Key] で、S3 のアクセスキーを入力します。
    [AWS S3 Access Key] フィールド
  7. [AWS S3 Secret Key] で、S3 の秘密鍵を入力します。
    [AWS S3 Secret Key] フィールド
  8. [AWS S3 Region] で、S3 のリージョンを入力します。
    [AWS S3 Region] フィールド
  9. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    Management Console での [Save settings] ボタン
  10. 設定が完了するのを待ってください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.