このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-09-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Xcode 開発用の macOS ランナーに Apple 証明書をインストールする

GitHub Actions ランナーに Apple コード署名証明書をインストールすることで、継続的インテグレーション (CI) ワークフロー内で Xcode アプリケーションに署名できます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

はじめに

このガイドでは、Apple コード署名証明書とプロビジョニングプロファイルを GitHub Actions ランナーにインストールする継続的インテグレーション (CI) ワークフローにステップを追加する方法を説明しています。 これにより、Xcode アプリケーションに署名して、Apple App Store に公開したり、テストグループに配布したりできるようになります。

必要な環境

YAMLとGitHub Actionsの構文に馴染んでいる必要があります。 詳しい情報については、以下を参照してください。

Xcode アプリケーションのビルドと署名について理解しておく必要があります。 詳しい情報については、Apple 開発者ドキュメントを参照してください。

証明書とプロビジョニングプロファイルのシークレットを作成する

署名プロセスには、証明書とプロビジョニングプロファイルの保存、それらのランナーへの転送、ランナーのキーチェーンへのインポート、およびビルドでの使用が含まれます。

ランナーで証明書とプロビジョニングプロファイルを使用するには、GitHub シークレットを使用することを強くお勧めします。 シークレットの作成とワークフローでの使用の詳細については、「暗号化されたシークレット」を参照してください。

次のアイテムのシークレットをリポジトリまたは Organization に作成します。

  • Apple の署名証明書。

    • これは p12 証明書ファイルです。 Xcode から署名証明書をエクスポートする方法の詳細については、Xcode のドキュメントを参照してください。

    • 証明書をシークレットとして保存する場合は、証明書を Base64 に変換する必要があります。 この例では、シークレットの名前は BUILD_CERTIFICATE_BASE64 です。

    • 次のコマンドを使用して、証明書を Base64 に変換し、クリップボードにコピーします。

      base64 build_certificate.p12 | pbcopy
  • Apple 署名証明書のパスワード。

    • この例では、シークレットの名前は P12_PASSWORD です。
  • Apple プロビジョニングプロファイル。

    • Xcode からプロビジョニングプロファイルをエクスポートする方法の詳細については、Xcode のドキュメントを参照してください。

    • シークレットとして保存する場合は、プロビジョニングプロファイルを Base64 に変換する必要があります。 この例では、シークレットの名前は BUILD_PROVISION_PROFILE_BASE64 です。

    • 次のコマンドを使用して、プロビジョニングプロファイルを Base64 に変換し、クリップボードにコピーします。

      base64 provisioning_profile.mobileprovision | pbcopy
  • キーチェーンのパスワード。

    • ランナー上に新しいキーチェーンが作成されるため、新しいキーチェーンのパスワードは任意の新しいランダムな文字列にすることができます。 この例では、シークレットの名前は KEYCHAIN_PASSWORD です。

ワークフローにステップを追加する

このワークフロー例には、GitHub シークレットから Apple 証明書とプロビジョニングプロファイルをインポートし、それらをランナーにインストールするステップが含まれています。

YAML
name: App build
on: push

jobs:
  build_with_signing:
    runs-on: macos-latest

    steps:
      - name: Checkout repository
        uses: actions/checkout@v2
      - name: Install the Apple certificate and provisioning profile
        env:
          BUILD_CERTIFICATE_BASE64: ${{ secrets.BUILD_CERTIFICATE_BASE64 }}
          P12_PASSWORD: ${{ secrets.P12_PASSWORD }}
          BUILD_PROVISION_PROFILE_BASE64: ${{ secrets.BUILD_PROVISION_PROFILE_BASE64 }}
          KEYCHAIN_PASSWORD: ${{ secrets.KEYCHAIN_PASSWORD }}
        run: |
          # 変数を作成する
          CERTIFICATE_PATH=$RUNNER_TEMP/build_certificate.p12
          PP_PATH=$RUNNER_TEMP/build_pp.mobileprovision
          KEYCHAIN_PATH=$RUNNER_TEMP/app-signing.keychain-db

          # シークレットから証明書とプロビジョニングプロファイルをインポートする
          echo -n "$BUILD_CERTIFICATE_BASE64" | base64 --decode --output $CERTIFICATE_PATH
          echo -n "$BUILD_PROVISION_PROFILE_BASE64" | base64 --decode --output $PP_PATH

          # 一時的なキーチェーンを作成する
          security create-keychain -p $KEYCHAIN_PASSWORD $KEYCHAIN_PATH
          security set-keychain-settings -lut 21600 $KEYCHAIN_PATH
          security unlock-keychain -p $KEYCHAIN_PASSWORD $KEYCHAIN_PATH

          # キーチェーンに証明書をインポートする
          security import $CERTIFICATE_PATH -P $P12_PASSWORD -A -t cert -f pkcs12 -k $KEYCHAIN_PATH
          security list-keychain -d user -s $KEYCHAIN_PATH

          # プロビジョニングプロファイルを適用する
          mkdir -p ~/Library/MobileDevice/Provisioning\ Profiles
          cp $PP_PATH ~/Library/MobileDevice/Provisioning\ Profiles
      - name: Build app
        ...

セルフホストランナーに必要なクリーンアップ

GitHub ホストランナーは、ジョブの実行の最後に自動的に破棄される分離された仮想マシンです。 これは、ジョブ中にランナーで使用された証明書とプロビジョニングプロファイルが、ジョブの完了時にランナーとともに破棄されることを意味します。

セルフホストランナーでは、ジョブの実行の最後に$RUNNER_TEMP ディレクトリがクリーンアップされますが、キーチェーンとプロビジョニングプロファイルがランナーにまだ存在している可能性があります。

セルフホストランナーを使用する場合は、ワークフローに最終ステップを追加して、ジョブの最後にこれらの機密ファイルが確実に削除されるようにする必要があります。 以下のワークフローステップは、これを行う方法の例です。

- name: Clean up keychain and provisioning profile
  if: ${{ always() }}
  run: |
    security delete-keychain $RUNNER_TEMP/app-signing.keychain-db
    rm ~/Library/MobileDevice/Provisioning\ Profiles/build_pp.mobileprovision

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡