ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.22
記事のバージョン: Enterprise Server 2.22

ガイド

GitHub Actions のこれらのガイドには、ワークフローの設定に役立つ特定の使用例とサンプルが含まれています。

GitHub Actions の支払いを管理する GitHubは、macOSランナーのホストにMacStadiumを使用しています。

カスタム継続的インテグレーションワークフローを作成する

GitHub Actions を使用して、さまざまなプログラミング言語で記述されたプロジェクトを設定およびテストするカスタム継続的インテグレーション (CI) ワークフローを作成できます。

ソフトウェア パッケージを公開する

継続的デリバリ (CD) ワークフローの一部として、ソフトウェア パッケージの公開を自動化できます。 パッケージは、任意のパッケージ ホストおよび GitHub Packages is available with GitHub Free, GitHub Pro, GitHub Free for organizations, GitHub Team, GitHub Enterprise Cloud, GitHub Enterprise Server 2.22, and GitHub One. に公開できます。

ワークフローデータのキャッシングと保存

依存関係をキャッシュし、成果物を保存して、ワークフローの実行を効率化してください。

ワークフローでサービスコンテナを使用する

サービス コンテナを使用して、サービスをワークフローに接続します。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.