Skip to main content

新しいコード ビューを使用したファイルの移動 (ベータ版)

新しいコード ビュー (ベータ版) を使用すると、簡単に移動が可能なファイル ツリーと統合シンボル検索を使用して、コンテキストでコードを表示できます。

: 新しいコード検索とコード ビューは、限定パブリック ベータです。 アクセスの順番待ちリストに参加するには、 https://github.com/features/code-search-code-view/signup をご覧ください。

新しいコード検索の詳細については、「GitHub Code Search (ベータ版) について」を参照してください。

新しいコード ビュー (ベータ版) について

新しいコード ビューのベータ版では、ファイル ツリー ビューによりナビゲーションが改善され、ファイル編集が簡略化され、シンボルの検索と移動用のシンボル ペインが導入され、ファイル コンテキストを維持するように blame ビューが更新されます。 新しいコード ビューは、GitHub.com の制限付きパブリック ベータ版の新しいコード検索エンジンおよび検索インターフェイスと統合されています。 新しいコード検索の詳細については、「GitHub Code Search (ベータ版) について」を参照してください。

新しいコード ビュー (ベータ版) と新しいコード検索にアクセスするには、Waitlist にサインアップします。

新しいコード ビューのベータ版に関するフィードバックを提供するには、ディスカッション フォーラムを参照してください。

新しいコード検索とコード ビューの有効化と無効化 (ベータ版)

ベータ版への参加の順番待ちリストから承諾されると、メールが届きます。 アクセス権が付与されると、アカウントで新しいコード検索とコード ビューのベータ版が自動的に有効になります。

GitHub.com のベータ版はいつでも無効または有効にすることができます。 この設定は、コード検索とコード ビューの両方に適用されることに注意してください。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [機能プレビュー] をクリックします。 [機能プレビュー] ボタン
  2. [新しい Code Search とコード ビュー (ベータ版)] の右側にある [有効] または [無効] をクリックします。

ファイル ツリー ビューの使用

新しいファイル ツリー ビューは、簡単に移動が可能なツリー内にリポジトリのディレクトリとファイルを表示するパネルです。 ディレクトリとファイルの間をすばやく移動して、表示する各項目のコンテキストを理解できます。

  1. リポジトリを選び、そのリポジトリ内のディレクトリまたはファイルをクリックして、ファイル ツリー ビューを開きます。

    ファイル ツリー ビューを強調した "github/docs" リポジトリのスクリーンショット

  2. 特定のディレクトリまたはファイルを検索するには、 [ファイルに移動] 検索バーをクリックし、ディレクトリまたはファイルの名前を入力し、結果からディレクトリまたはファイルを選びます。 各検索結果の下にあるディレクトリまたはファイルのファイル パスを表示できます。

    [ファイルに移動] 検索バーを強調したファイル ツリー ビューのスクリーンショット

    • GitHub 検索バーを使用してリポジトリ内を検索するには、 をクリックします。

      検索アイコンを強調したファイル ツリー ビューのスクリーンショット

  3. ブランチを切り替えるには、 ブランチ ドロップダウン メニューを選び、結果から目的のブランチをクリックします。 リポジトリのすべてのブランチを表示するには、 [すべてのブランチを表示] をクリックします。

    ブランチ ドロップダウン メニューの [ブランチ] タブを強調したファイル ツリー ビューのスクリーンショット

  4. タグを切り替えるには、 ブランチ ドロップダウン メニューを選び、 [タグ] タブをクリックし、結果から目的のタグをクリックします。 リポジトリのすべてのタグを表示するには、 [すべてのタグを表示] をクリックします。

    ブランチ ドロップダウン メニューの [タグ] タブを強調したファイル ツリー ビューのスクリーンショット

ファイルの処理

新しいコード ビューには、ファイルの操作方法の更新も含まれています。 ファイルの編集、ファイルの作成またはアップロード、ファイルまたはディレクトリの削除などの既存の機能が合理化されました。 これで、github.dev または GitHub Desktop 内のファイルの編集と、統合されたファイル内検索機能にすばやくアクセスできるようになりました。

  1. リポジトリを選び、そのリポジトリ内のファイルをクリックして新しいコード ビューを開きます。

    ファイル ツリー ビューで選んだファイルを強調した "github/docs" リポジトリのスクリーンショット

  2. 統合ファイル エディターでファイルを編集するには、 をクリックします。

    編集アイコンを強調した新しいコード ビューのファイル エディターのスクリーンショット

  3. github.dev Web ベースのエディターまたは GitHub Desktop のファイルを編集するには、 の横にある を選び、github.dev または GitHub Desktop をクリックします。

    注: github.dev エディターは現在、ベータ プレビュー段階です。 ユーザーはディスカッションでフィードバックを提供できます。

    編集ドロップダウン メニューを強調した新しいコード ビューのファイル エディターのスクリーンショット

  4. ファイル内の特定の文字を検索するには、 [コード] ボタンをクリックしてファイルの生コードを表示します。 次に、Command+F (Mac) または Ctrl+F (Windows または Linux) を押し、検索する文字を入力します。 結果間を移動するには、Return (Mac) または Enter (Windows または Linux) を押すか、 をクリックします。

    メモ: ブラウザーの既定の検索機能を使用するには、Command+F (Mac) または Ctrl+F (Windows または Linux) を 2 回押します。 ブラウザーの既定の検索機能では、大きなファイル全体を検索することはできませんが、新しいコード ビューに統合された検索ではできます。

    新しいコード ビューの "ファイル内を検索する" 機能のスクリーンショット

  5. 特定のディレクトリに新しいファイルを追加するには、そのディレクトリをクリックし、 [新しいファイル] をクリックするか、ファイル ツリー ビューで をクリックします。

    検索アイコンを強調したファイル ツリー ビューのスクリーンショット

  6. ディレクトリまたはファイルを削除するには、そのディレクトリまたはファイルに移動し、 をクリックします。 次に、 [ディレクトリの削除] または [ファイルの削除] をクリックします。

    [ディレクトリの削除] オプションを強調した新しいコード ビューのオプション メニューのスクリーンショット

  7. ファイルをアップロードするには、選んだディレクトリに移動し、 [ファイルのアップロード] をクリックするか、ファイルをブラウザーにドラッグ アンド ドロップします。

    新しいコード ビューの [ファイルのアップロード] ボタンのスクリーンショット

シンボル ペインの使用

シンボル ペインを使用して、コード内の関数やクラスなどのシンボルをすばやく表示したり移動したりできるようになりました。 1 つのファイル、リポジトリ内のすべてのファイル、さらには GitHub 上のすべてのパブリック リポジトリのシンボルを検索できます。

シンボル検索は、新しいコード検索 (ベータ版) の機能です。 詳しくは、「GitHub Code Search (ベータ版) 構文について」を参照してください。

  1. リポジトリを選び、シンボルを含むファイルに移動します。

  2. シンボル ペインを表示するには、 をクリックします。

    新しいコード ビューのシンボル ペイン アイコンのスクリーンショット

    または、ファイル内の対象シンボルをクリックしてシンボル ペインを開くこともできます。 クリック可能なシンボルは、マウスを合わせると黄色で強調表示されます。

    クリック可能なシンボルを強調した新しいコード ビューのファイルのスクリーンショット

  3. シンボル ペインまたはファイル自体から検索するシンボルをクリックします。

    自動入力されたシンボルを強調したシンボル ペインのスクリーンショット

    • リポジトリ全体でシンボルを検索するには、 [このリポジトリでこのシンボルを検索する] をクリックします。 GitHub のすべてのリポジトリでシンボルを検索するには、 [すべてのリポジトリ] をクリックします。

      シンボル検索の範囲を広げるオプションを強調したシンボル ペインのスクリーンショット

  4. シンボルへの参照間を移動するには、 または をクリックします。

    検索ナビゲーションのシェブロンを強調したシンボル ペインのスクリーンショット

  5. シンボルへの特定の参照に移動するには、 [このファイル内] の下にあるシンボル検索の結果をクリックします。

    シンボル検索の結果を強調したシンボル ペインのスクリーンショット

  6. 特定のシンボルの検索を終了するには、 [すべてのシンボル] をクリックします。

    [すべてのシンボル] ボタンを強調したシンボル ペインのスクリーンショット

blame ビューの使用

新しいコード ビューを使用すると、blame ビューに入ったときのファイル コンテキストを失わずに、blame ビュー、生コード ビュー、およびファイルのプレビューをすばやく切り替えることができます (ファイルの種類によって異なります)。

  1. リポジトリを選び、そのリポジトリ内のファイルをクリックして新しいコード ビューを開きます。

    ファイル ツリー ビューで選んだファイルを強調した "github/docs" リポジトリのスクリーンショット

  2. ファイルのリビジョン履歴を表示するには、 [blame] をクリックします。 このビューには、1 行ずつのリビジョン履歴とコミットごとに区切られたファイル内のコードが表示されます。 各コミットには、作成者、コミットの説明、コミット日が一覧表示されます。

    [blame] ボタンを強調した新しいコード ビューのスクリーンショット

    • 特定のコミットの前のファイルのバージョンを表示するには、 をクリックします。

      バージョン アイコンを強調した blame ビューのコミットのスクリーンショット

    • 特定のコミットの詳細を表示するには、コミットの説明をクリックします。

      コミットの説明を強調した blame ビューのコミットのスクリーンショット

  3. 生コードのビューに戻すには、 [コード] をクリックします。

    コード ビュー ボタンを強調したコード ビュー ツール バーのスクリーンショット

    • Markdown ファイルを表示している場合は、 [プレビュー] をクリックして、Markdown の書式設定が適用されたビューに戻ることもできます。

      Markdown のプレビュー ボタンを強調したコード ビュー ツール バーのスクリーンショット

参考資料