Skip to main content

Organization の OAuth App アクセス制限を有効化する

Organizationのオーナーは、OAuth App のアクセス制限を有効化して、信頼されていないアプリがOrganizationのリソースにアクセスするのを防止できます。その場合もOrganizationのメンバーは OAuth Apps を個人アカウントで使用できます。

新しい Organization を作成する際には、OAuth App アクセス制限が既定で有効です。 Organization 所有者はいつでもOAuth App アクセス制限を無効にできます。

警告:

  • OAuth App のアクセス制限を有効化すると、Organization のアクセスでの以前に認証されたすべての OAuth Apps とSSHキーが取り消されます。 詳しい情報については、「OAuth App のアクセス制限について」を参照してください。
  • OAuth App のアクセス制限を設定したら、Organization のプライベートなデータへのアクセスを必要とするすべての OAuth App を再認証してください。 Organization のすべてのメンバーは新しい SSH キーを作成する必要があり、Organization は必要に応じて新しいデプロイキーを作成する必要があります。
  • OAuth App のアクセス制限が有効化されると、アプリケーションで OAuth トークンを使用して GitHub Marketplace 取引に関する情報にアクセスできます。
  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン 1. サイドバーの [統合] セクションで、 [サードパーティ アクセス] をクリックします。
  2. [サードパーティ アプリケーションのアクセス ポリシー] の下の [アプリケーションのアクセス制限の設定] をクリックします。 制限の設定ボタン
  3. サードパーティのアクセス制限に関する情報を確認したら、 [サードパーティ アプリケーションのアクセスを制限する] をクリックします。 制限の確認ボタン