Skip to main content

Organization の OAuth App アクセス制限を有効化する

Organizationのオーナーは、OAuth App のアクセス制限を有効化して、信頼されていないアプリがOrganizationのリソースにアクセスするのを防止できます。その場合もOrganizationのメンバーは OAuth App を個人アカウントで使用できます。

新しいOrganizationを作成する際には、OAuth Appアクセス制限がデフォルトで有効です。 Organizationのオーナーは、いつでもOAuth Appアクセス制限を無効化できます。

警告:

  • OAuth App のアクセス制限を有効化すると、Organization のアクセスでの以前に認証されたすべての OAuth App とSSHキーが取り消されます。 詳しい情報については、「OAuth Appのアクセス制限について」を参照してください。
  • OAuth App のアクセス制限を設定したら、Organization のプライベートなデータへのアクセスを必要とするすべての OAuth App を再認証してください。 Organization のすべてのメンバーは新しい SSH キーを作成する必要があり、Organization は必要に応じて新しいデプロイキーを作成する必要があります。
  • OAuth App のアクセス制限が有効化されると、アプリケーションで OAuth トークンを使用して GitHub Marketplace 取引に関する情報にアクセスできます。
  1. In the top right corner of GitHub.com, click your profile photo, then click Your organizations. プロフィールメニューのあなたのOrganization
  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  3. In the "Integrations" section of the sidebar, click Third-party access.
  4. [Third-party application access policy] の下で [Setup application access restrictions] をクリックします。 制限の設定ボタン
  5. サードパーティのアクセス制限に関する情報を確認したら、[Restrict third-party application access] をクリックします。 制限の確認ボタン