Skip to main content

プロジェクト(ベータ)のフィルタリング

特定の情報に集中するために、プロジェクトをフィルタリングできます。

Note: Projects (beta) is currently in public beta and subject to change.

プロジェクトのフィルタリングについて

Issueにアサインされた人やラベルといったアイテムのメタデータやプロジェクトのフィールドに対するフィルタを使って、ビューをカスタマイズできます。 フィルタを組み合わせて、ビューとして保存できます。 詳しい情報については「プロジェクトのビューのカスタマイズ」を参照してください。

プロジェクトをフィルタするには、をクリックし、フィルタリングしたいフィールドとその値を入力していってください。 入力していくと、利用できる値が表示されます。 コマンドパレットを開いて"Filter by"と入力し、利用可能なフィルタから選択することもできます。

同じフィルタがインサイトでも利用でき、チャートを作成するのに使われたのと同じデータをフィルタリングできます。 詳しい情報については「プロジェクトでのインサイトの利用」を参照してください。

プロジェクトのフィルタリングの構文

  • To filter for any match of multiple values (an OR query), separate the values with a comma. For example label:"good first issue",bug will list all issues labelled good first issue or bug.
  • 特定の値が欠けているものをフィルタリングするには、フィルタの前に-を置いてください。 たとえば-label:"bug"とすれば、bugというラベルを持たないアイテムだけが表示されます。
  • すべての値が欠けているものをフィルタリングするには、no:に続けてフィールド名を入力してください。 たとえばno:assigneeとすれば、アサインされた人のないアイテムだけが表示されます。
  • 状態でフィルタリングするには、is:を入力してください。 たとえばis: issueあるいはis:openとしてください。
  • 複数のフィルタは空白で区切ってください。 たとえばstatus:"In progress" -label:"bug" no:assigneeとすれば、ステータスがIn progressであり、bugというラベルを持たず、アサインされた人がいないアイテムだけが表示されます。
  • To filter for the previous, current, or next iteration of an iteration field, use @previous, @current, or @next. たとえばsprint:@currentとしてください。
  • To filter for items assigned to the viewer, use @me. For example, assignee:@me. Anyone using this view will see items assigned to themselves.
  • To filter date and number fields, use >, >=, <, <=, and .. range queries. For example: target:2022-03-01..2022-03-15. 詳しい情報については、「検索構文を理解する」を参照してください。