Skip to main content

プライベートリポジトリ用のデータ利用設定を管理する

GitHub Enterprise Cloud で、関連するツール、人、プロジェクト、情報につなげるには、プライベートリポジトリ用のデータを設定します。

プライベートリポジトリ用のデータ利用について

セキュリティおよび分析機能でのプライベート リポジトリのデータの使用を制御できます。

  • 依存関係グラフを有効にして、リポジトリで読み取り専用データを分析できるようにします。
  • 依存関係グラフを無効にして、リポジトリで読み取り専用データを分析できないようにします。

プライベートリポジトリのデータ利用を設定すると、依存グラフにアクセスできます。依存グラフでは、リポジトリの依存関係を追跡し、GitHub Enterprise Cloud が脆弱性のある依存関係を検出したときに Dependabot alerts を受け取ることができます。 詳細については、「Dependabot alertsについて」を参照してください。

注: 依存関係グラフを無効にすると、Dependabot alerts と Dependabot security updates も無効になります。 詳細については、「依存関係グラフの概要」を参照してください。

セキュリティおよび分析機能でのデータの使用を有効または無効にする

セキュリティ機能と分析機能を有効にした場合、GitHub はリポジトリで読み取り専用分析を実行します。 詳細については、「GitHub によるデータの使用について」を参照してください。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン

  2. In the "Security" section of the sidebar, click Code security and analysis.

  3. [コードのセキュリティと分析] で、機能の右にある [無効] または [有効] をクリックします。 [セキュリティと分析の構成] 機能の [有効] または [無効] ボタン

参考資料