Skip to main content

アプリケーション内でのGitHub marketplace APIの使用

GitHub Marketplace用に、アプリケーションにGitHub Marketplace APIとwebhookイベントを統合する方法を学んでください。
  • GItHub Marketplace API用のRESTエンドポイント

    GitHub Marketplace上でのアプリケーションの管理を支援するために、以下のGitHub Marketplace APIエンドポイントを使ってください。

  • GitHub Marketplace APIのためのwebhookイベント

    GitHub Marketplaceアプリケーションは、ユーザのプランに対する変更に関する情報を、Marketplaceの購入イベントwebhookから受け取ります。 Marketplaceの購入イベントは、ユーザが支払いプランの購入、キャンセル、変更をした場合にトリガーされます。

  • アプリケーションのテスト

    リストをGitHub Marketplaceにサブミットする前に、APIとwebhookを使ってアプリケーションをテストし、顧客に理想的な体験を提供できるようにすることをGitHubはおすすめします。 オンボーディングの専門家の検証前に、アプリケーションは支払いフローを適切に処理しなければなりません。

  • 新しい購入や無料トライアルの処理

    お客様が有料プラン、無料試用版、または GitHub Marketplace アプリの無料バージョンを購入すると、purchased アクションを含む marketplace_purchase イベント Webhook を受け取り、購入フローが開始されます。

  • プラン変更の処理

    GitHub Marketplace アプリをアップグレードまたはダウングレードすると、changed アクションで marketplace_purchase イベント Webhook がトリガーされて、アップグレード フローまたはダウングレード フローが始まります。

  • プランのキャンセルの処理

    GitHub Marketplace アプリをキャンセルすると、cancelled アクションを含む marketplace_purchase イベント Webhook がトリガーされ、キャンセル フローが開始されます。