Skip to main content

Organization の codespace に対するリポジトリ アクセスを管理する

GitHub Codespaces がアクセスできる Organization 内のリポジトリを管理できます。

Who can use this feature

To manage access and security for GitHub Codespaces for an organization, you must be an organization owner.

非推奨の注意: 以下で説明するアクセスとセキュリティの設定は現在非推奨であり、ここには参考用に記載されています。 他のリポジトリへの拡張アクセスを有効にするには、要求されたアクセス許可を devcontainer.json 構成ファイルに追加します。 詳しくは、「codespace 内の他のリポジトリへのアクセスの管理」をご覧ください。

デフォルト設定では、Codespace は作成されたリポジトリにのみアクセスできます。 Organization が所有するリポジトリのアクセスとセキュリティを有効にすると、そのリポジトリ用に作成された codespace は、Organization が所有する他のすべてのリポジトリの読み取りアクセス権を持つようになり、codespace の作成者にはアクセスのためのアクセス許可があります。 codespace がアクセスできるリポジトリを制限する場合は、codespace が作成されたリポジトリまたは特定のリポジトリのいずれかに制限できます。 信頼するリポジトリに対してのみ、アクセスとセキュリティを有効にしてください。

Organization 内のどのユーザーが GitHub Codespaces を使うことができるかを管理するには、「Organization の GitHub Codespaces を有効にする」をご覧ください。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン 1. 左側のサイドバーで、 [ Codespaces] をクリックします。
  2. [Access and security] で、あなたの Organization の設定を選択します。 信頼するリポジトリを管理するラジオボタン
  3. [選択したリポジトリ] を選んだ場合、ドロップダウン メニューを選んでから、あなたの Organization が所有するその他のリポジトリにアクセスを許可する、リポジトリの codespace をクリックします。 その他のリポジトリにコードスペースによるアクセスを許可したい、すべてのリポジトリについて同じ手順を繰り返します。 [選択したリポジトリ] ドロップダウン メニュー

参考資料