Skip to main content

GitHub Codespaces の既定のリージョンを設定する

GitHub Codespaces プロファイル設定ページで既定のリージョンを設定して、データが保持されている場所をパーソナライズできます。

GitHub Codespaces は、GitHub Team または GitHub Enterprise Cloud を使用する Organization で利用できます。 GitHub Free および GitHub Pro プランの個人ユーザーも、GitHub Codespaces を制限付きのベータ リリースとして利用できます。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

codespace が作成されるリージョンを手動で選択できます。セキュリティとコンプライアンスに関する厳格な要件を満たすことができます。 既定では、リージョンはお住まいの場所に基づいて自動的に設定されます。

既定のリージョンを設定する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン 1. サイドバーの [Code, planning, and automation](コード、計画、および自動化) セクションで、 [ Codespaces] をクリックします。

  2. [リージョン] で、目的の設定を選びます。

  3. [手動で設定] を選んだ場合、ドロップダウン リストでリージョンを選びます。 リージョンの選択