Skip to main content

Codespaces の支払いについて

価格を見て、OrganizationでのCodespacesの支払いの管理方法を確認してください。

To manage billing for Codespaces for an organization, you must be an organization owner or a billing manager.

Codespaces is available for organizations using GitHub Team or GitHub Enterprise Cloud. 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

Codespacesの価格

Codespacesの利用状況に対しては、GitHub Team及びGitHub Enterprise上のすべてのOrganization及びEnterpriseアカウントについて課金され、これには無料の分あるいはストレージは含まれません。 現在のところ、個人のアカウントはCodespacesの利用に対して課金されません。

Codespacesの利用については、以下の表に示す計測単位に従って課金されます。

製品SKU計測単位価格
Codespaces Compute2コア1時間$0.18
4コア1時間$0.36
8コア1時間$0.72
16コア1時間$1.44
32コア1時間$2.88
Codespaces Storageストレージ1GB-月$0.07

Codespacesの支払いについて

Codespaces are billed in US dollars (USD) according to their compute and storage usage.

Calculating compute usage

Compute usage is defined as the total number of uptime minutes for which a Codespaces instance is active. Compute usage is calculated by summing the actual number of minutes used by all codespaces. These totals are reported to the billing service daily, and are billed monthly.

Uptime is controlled by stopping your codespace, which can be done manually or automatically after a developer specified period of inactivity. For more information, see "Closing or stopping your codespace".

Calculating storage usage

For Codespaces billing purposes, this includes all storage used by all codespaces in your account. This includes any files used by the codespaces, such as cloned repositories, configuration files, and extensions, among others. These totals are reported to the billing service daily, and are billed monthly. 月末に、GitHubはストレージ使用量を最も近いGBに丸めます。

Codespaces の利用については、アカウントの既存の請求日、支払い方法、領収書が共有されます。 To view all the subscriptions for your account on GitHub.com, see "Viewing your subscriptions and billing date."

Microsoft Enterprise Agreement を通じて GitHub Enterprise を購入した場合、Azure サブスクリプションID をEnterpriseアカウントに接続して、 Codespaces の使用を有効にして支払うことができます。 詳しい情報については、「Azure サブスクリプションを Enterprise に接続する」を参照してください。

To estimate the costs for consumptive services, you can use the GitHub pricing calculator.

Codespacesプレビルドに対する支払い

By default, a GitHub Actions workflow is triggered every time you create or update a prebuild template, or push to a prebuild-enabled branch. As with other workflows, while prebuild workflows are running they will either consume some of the Actions minutes included with your account, if you have any, or they will incur charges for Actions minutes. For more information about pricing for Actions minutes, see "About billing for GitHub Actions."

Alongside GitHub Actions minutes, you will also be billed for the storage of prebuild templates associated with each prebuild configuration for a given repository and region. Storage of prebuild templates is billed at the same rate as storage of codespaces. For more information, see "Calculating storage usage."

To reduce consumption of Actions minutes, you can set a prebuild template to be updated only when you make a change to your dev container configuration files, or only on a custom schedule. You can also manage your storage usage by adjusting the number of template versions to be retained for your prebuild configurations. For more information, see "Configuring prebuilds."

If you are an organization owner, you can track usage of prebuild workflows and storage by downloading a GitHub Actions usage report for your organization. You can identify workflow runs for prebuilds by filtering the CSV output to only include the workflow called "Create Codespaces Prebuilds." 詳しい情報については「GitHub Actionsの利用状況の表示」を参照してください。

利用限度の設定

Note: You must set a spending limit before you can use Codespaces.

By default, your organization or enterprise will have a Codespaces spending limit of $0, which prevents new codespaces from being created or existing codespaces from being opened. To allow your users to create codespaces in your organization, set the limit to a value higher than $0.

Overages are always billed monthly regardless of your billing term (even if your account is otherwise billed annually).

アカウントの利用上限の管理と変更については、「Codespaces の利用上限の管理」を参照してください。

If you hit a spending limit, you will no longer be able to create or resume your codespaces. You can still export any work in progress changes to a new branch.

マシンタイプの選択の制限

デフォルトでは、もっとも少ない有効リソースのマシンタイプがcodespace作成時に使われます。 しかし、ユーザはもっとリソースの多いマシンタイプを選択できます。 これはcodespaceの作成時に行えますが、既存のcodespaceのマシンタイプを変更することもできます。 詳しい情報については「codespaceの作成」及び「codespaceのマシンタイプの変更」を参照してください。

もっとリソースの多いマシンタイプが選択されると、上に示したcodespaceの分あたりの料金に影響します。

Organizationオーナーは、ユーザが利用できるマシンタイプを制限するポリシーを作成できます。 詳しい情報については「マシンタイプへのアクセス制限」を参照してください。

フォークされたリポジトリでの支払いの扱い

Codespacesは、支払いできるオーナーが定義されたOrganizationでのみ利用できます。 Organizationに課金をするには、ユーザはメンバーもしくはコラボレータでなければなりません。そうでなければユーザはcodespaceを作成できません。

たとえば、プライベートなOrganizationのユーザは、そのOrganization内のリポジトリをフォークし、その後Organizationに課金されるcodespaceを使うことができます。これはそのOrganizationが、ユーザのアクセス、フォークされたリポジトリ、codespaceを削除できる親リポジトリのオーナーだからです。

リポジトリが移譲されたときの支払いの扱い

使用量は1時間ごとに課金され、報告されます。 そのため、リポジトリがOrganization内にあれば、あらゆる使用に対して支払いをすることになります。 リポジトリがOrganization外に移譲されると、そのリポジトリ内のすべてのcodespaceは移譲のプロセスの一部として削除されます。

ユーザが削除されたときに生じること

Organizationもしくはリポジトリからユーザが削除されると、そのユーザのcodespaceは自動的に削除されます。